しいたげられたしいたけ

拡散という行為は拡散者も元発信者と同等以上の責任を負う

遅めの初詣

郵便局のバイトはお休み。つか年が明けてから仕事量が激減した。外務は年が明けてからが勝負という感じだったのだが、考えてみれば当然といえば当然。あらかじめそのへんを踏まえてスケジュールが設定されているのだろう。
「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」を金融機関に持っていく。源泉業務だ。今年は1月4日が月曜日なので、三が日が明けると一気に世の中が動き出したという感じ。病院もやっていたので、精神科の予約を取り、あと一件かかりつけの医者に薬をもらいに行った。銀行は混んでいたが、病院は案外空いていた。
天気もいいことだし、気晴らしに初詣に行こうと思った。大須観音豊川稲荷のどっちにしようか迷って、電車が先に来たほうに行くことにした。名古屋行きが先に着いたので、大須観音にした。4日とはいえ参拝者はけっこう多く、本殿から山門を越えて門前の商店街まで行列ができていた。三が日にはどのへんまで伸びるのだろう?考えてみれば大須観音にはしょっちゅう来るのに、三が日には来たことがないや。なぜだろう?私は自分でも説明のつかないことを、よくやる。
そのあと万松寺にも参拝して、大須をぶらぶらと。今井総本家で甘栗を買う。一番小さいのが千円になっていた。昔は500円から買えたはずなのに、いつの間にか500円がなくなって800円が最安値になり、今回はその800円もなくなっていたのだ。ここだけデフレと逆行している。それとも正月客の足元を見たのか。ぶつぶつ。