しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう知的とは体を動かさない程の意味で知能の優劣のような含意は一切ない

ニュージーランド短期語学留学6日目=スクール&アクティビティ最終日

あっという間に最終日になってしまった。オークランドに着いたばかりの時は、これからどうなることかと思ったが、慣れてしまうと一週間はやはり短い。

ちょっとセンチメンタルになって、最終日の登校時の朝焼けを撮ってしまった。NZはサマータイムなので朝が早い。スマホカメラにしては、よく撮れたものだ。

f:id:watto:20180402225853j:plain

 

グレンエデン駅に停まった通学電車。

f:id:watto:20180402225848j:plain

 

ブリトマート駅からクイーン通りに出ようとしているところ。

証券会社のデジタルサイネージに、為替レートが表示されている。

f:id:watto:20180402225842j:plain

 

少し時間をさかのぼらなければならない。一週間という留学期間は、やはりあまりに短い。スクール3日目の水曜日には、早くも帰国時のホストファミリー宅から空港へのピックアップ予約を、スクール経由で業者に確認しなければならなかった。翌4日目には、何の問題もなく確認のメールがスクールに届き、写しをもらった。

スクール4日目の木曜日には、校長にうながされレッスンを中座し、コンピュータ室でオンラインのアンケートを入力した。

前回のエントリー に書いたブラジルから来た女性生徒とのディスカッションは、実は4日目ではなく3日目に行ったものだった。思い出しながら書いているので 3日目のエントリー には書きそびれました。すみません。

 

4日目のレッスンでは、その生徒から、NZで仕事を見つけたという報告があった。クラスメート全員から拍手が送られた。私は前日のことがあったから、なんとなく腑に落ちたような気がした。口には出さなかったけど。

ドイツ人の生徒は、4日目は登校こそしていたがレッスンには顔を見せなかった。なんでも前日にウオッカを一本空け二日酔いだったそうだ。聞けばこの生徒は19歳とのこと。ちょっとぐぐると、ドイツ、NZとも飲酒は18歳からOKだそうだから法的には問題ないようだが、何というか、誰しも若い時は自分の限度がわからないから、いろいろあるのだろう。ちなみにこの生徒もこの週が留学最終週だそうで、同じコンピュータ室でアンケートを入力していた。校長から「来週から静かになるよ」などと声を掛けられていた。

 

最終日の5日目は、ブラジル人の生徒が欠席した。なお講師も、いつものアジア系心理学研究者が学会発表か何かでお休みで、3日目のアクティビティ を担当した講師が代講した。出身地のテネシー州メンフィスの話を、ここでもいっぱいしていた。

最終日ということで、あいさつを求められた。仕事で使う機会があるかもしれないと思って、自国で英会話の勉強をずっとしていたが、実際に使う機会はほとんどなかった。日本のバカンスは他国に比べてずっと短いと言われるが、定年前の最後の機会かも知れないので、一度、英語ばかりの環境に身を置いてみたかった。だから一週間という短い期間だったが、みなさんと一緒にいられたことを感謝します、というようなことをしゃべった。拍手をいっぱいもらった。一週間だけだったが、りっぱな修了証明書ももらった。

   *       *       *

昼食は、以前に見つけてずっと気になっていたブリトマート駅すぐそばの日本料理店つかラーメン店に入ってみることにした。

f:id:watto:20180402225832j:plain

ここは本当に日本人のオヤジがやっていた。日本語で店員を怒鳴りつける声がよく響く。

人気店らしく、昼どきとは言え満員だった。

 

メニュー。

f:id:watto:20180402225754j:plain

 

ラーメンを頼んだ。醤油スープの、あまりにもまっとうなものが出てきたので、かえって意味がないような気がした。我ながらヘンな心理だが。

f:id:watto:20180402225837j:plain

スポンサーリンク

 

午後のアクティビティに参加した。この日はバスを利用して、“Kelly Tarlton's Sea Life Aquarium” (ケリー・タールトン海生水族館) というところを見学した。参加者はやはり10名ほどだった。前日のアクティビティと参加者がかなり重なっていた。

ブリトマート駅前から路線バスに乗り込むところ。交通系カードが使用できた。

f:id:watto:20180323094932j:plain

 

バスは湾岸を、ものの10分ほども走ると、目的地に着いた。

f:id:watto:20180323100027j:plain

 

ケリー・タールトン水族館駐車場の大きな看板。海生生物の保護にも力を入れているようだ。

f:id:watto:20180323100228j:plain

 

入口。施設は地下にあるようだ。

f:id:watto:20180323100322j:plain

 

上の建物に入ったところ。ここから階段を下りる。

f:id:watto:20180323100342j:plain

 

受付で手続きをする引率の講師。入館料は約1,600円で、出発前に徴収されていた。

f:id:watto:20180323100713j:plain

 

パンフレットをもらった。こんなの。

f:id:watto:20180329100121j:plain

 

パンフレットから、場内案内図をスキャンして貼る。小さすぎて番号が見えないかな? 上段は右から(1)~(8)の丸数字が、下段は(9)~(15)の丸数字が振ってある。

f:id:watto:20180402225750j:plain

館内は、フラッシュを焚かなければカメラOKとのことだった。しかし光量が少ないので、私のコンデジではうまく写せなかった。

比較的ピントが合ったものだけを貼る。

 

この水槽は、ペンギンが泳ぐ様子を観察できるのだが、ペンギンが写っている瞬間をうまく撮れなかった。下の方にかすかに見えるかな? 上の案内図の(3)に相当する場所。

f:id:watto:20180323102306j:plain

 

ペンギンに餌付けする飼育員。案内図(4)。

f:id:watto:20180323102523j:plain

 

深海生物の水槽。

f:id:watto:20180323103531j:plain

 

案内図(7)の休憩コーナーに置いてあった水槽。クマノミがいた。

f:id:watto:20180323103727j:plain

 

案内図(10)の巨大水槽。

f:id:watto:20180323104019j:plain

 

同じ水槽を、別の覗き窓から。上の写真の、奥のほうの青い照明が当たっているあたりだ。

ボートが沈めてある。

f:id:watto:20180323104645j:plain

大きなウミガメやサメのいる水槽が売りなのだが、そういうところに限って写真を失敗している…

 

(12)~(13)のエリア。ここは通路がドーム状になっていて、巨大なサメやエイが頭の上を泳ぐのが見える。写真は撮りそこないましたすみません。f:id:watto:20180323105052j:plain

 

歩道が自動歩道と普通の歩道に分かれていて、自動歩道の上に立っていてもいいし、自分で歩いてもいい。

ところどころに案内のタッチパネルが設置されている。「回転寿司の回転テーブルの上を人間が回っているみたい」と思わないでもなかった。

f:id:watto:20180323105930j:plain

 

出口直前に土産物売り場があった。ここはその名の通り、ケリー・タールトンという個人が設立した私設の水族館なのだそうだ。すごいね。

f:id:watto:20180323112044j:plain

 

行きのバスは参加者が乗ったらタイミングよくすぐに出発したが、帰りはバス停で何十分か待たされた。待っている間に、どこ行きなのか、二階建てのバスが何台も通り過ぎて行った。

 

ブリトマート駅前のバス停で解散になった。私はこれでスクールとお別れである。

スポンサーリンク