しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

「貧者の一灯」の原典『阿闍世王授決経』の現代語訳がネットで見当たらなかったので私訳してみた(その3:完結)

少しだけ舞台裏を公開します。本当は訳していると、いろんなことがあるんですが、読んでくださる方には関係のないことなので。

前々回の「その1」の原文に、「隨藍風」という単語が出てきました。当初「藍風」と区切って「青い風」と訳しましたが、記事公開後、気になって検索すると、中文繁体字のサイトがいくつかヒットし「猛烈な風」と説明があったので訂正しました。すみません。

前回の「その2」の原文には「便」という文字が多く現れました。加地伸行『漢文法基礎 本当にわかる漢文入門』(講談社学術文庫)という本によると、この「便」は「則・即・乃・輒〔ちょう〕」と同じく「すなわち」という意味の助字だそうです(P222)。そういえば「即」という字も多く使われていましたが、どのように使い分けているのかは、私ごときには理解が及びません。日本語でも「だそうだ」と「とのこと」あるいは「だが」と「しかし」のうち、どちらか片っ方ばかり使っていると不自然に感じるので、適当に使い分けることがあるように、漢文でも同じ字ばっかり使うのは避けたくなることがあるのだろうと想像しています。詳しい人から怒られるかも知れませんが。

ちなみに『漢文法基礎』は名著と言われた受験参考書が文庫化されたものの一冊ですが、600ページを超える文庫本としては大部のページを「第一部 基礎編」「第二部 助字編」「第三部 構文編」の三つにわけており、そのうち第二部の助字編だけで全体の40%以上を占めています。漢文においては、助字というものの重要さが、おぼろげながらわかるような気がします。 

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

 

さて、『阿闍世王授決経』最後の三分の一、ようやく阿闍世王が、8歳の王太子ともども、授決を受けることになります。授決(授記)とは、未来世において仏になるという予言のことです。

まずは阿闍世王がふたたび祇婆大臣のアドバイスを受ける場面です。

王復問祇婆曰。我前請佛而老母受決。今日設福而園監受決。我獨何故初無所獲。心甚於悒。當復宜作何等功徳耶。祇婆曰。王雖頻日設福。但用國藏之財。使人民之力。心或貢高意或瞋恚。故未得決。今宜割損身中自供之具。并脱瓔珞七寳珠環以作寶華。當與夫人太子併力合掌。自就功勤一心上佛。佛照王至誠必得決也。於是王減徹厨膳晝夜齋戒。脱身上諸寶。合聚諸師曰前作華。王及夫人太子皆自著手。

大正新脩大藏經テキストデータベース より

 (私訳)

王は再び祇婆大臣に問うた「私が以前に釈尊を招いた時には老女が受決され、今日は園丁が受決された。私だけが、なぜ何も受けられないのか? はなはだ遺憾である。次はどのような功徳を行えばいいのか?」
祇婆は答えた「王は毎日功徳をなさっていますが、しかし国庫の財を用い、人民の力を使っています。また心には高ぶりや恨みがあります。だから受決されないのです。今後もし身を削り自分の持ち物を供え、首飾りや七宝の腕輪を脱いで宝の花を作り、王妃や王太子と一緒に合掌し、一心にお釈迦さまに奉ったなら、お釈迦さまは必ずや王さまの至誠を照覧して受決を授けられることでしょう」
そこで王は、食事を減らして昼夜斎戒し、身に着けていた諸宝を取り外し、それらを綴り合せて釈尊に献上する宝の花を作った。王妃や王太子も進んで手伝った。

 

この部分は、今回も参考のため、野村耀昌『仏教説話百選』(学習研究社)の文も引用紹介します。

釈尊が去られた後で、王はジーヴァカ大臣に言った。
「前に仏に燈火の供養をした時は、老婆が予言を受けた。本日仏を招待して、また園丁が予言を授けられた。しかるに招待し供養した主人であるわたしは、なんらの得るところもない。わたしは非常に不愉快である。一体どうしたらばよいのであろうか」
するとジーヴァカ大臣は答えて言った。
「王は毎日のように仏を供養なさいます。しかし、それは国の財産を用い、民の力を使っての供養でございます。しかも自負のお心がございます。そうした供養をいかにお続けなさろうとも、仏は決して予言をお授けになさりますまい。今度はご自身のお持ち物を割き、お飾りの瓔珞や七宝の珠環を脱いで、手ずから宝の花を作って、一心に仏に奉ったならばかならず予言を受けられると存じます」
そこで王は配膳を減じ、昼夜斎戒し、身に付けたもろもろの宝を脱いで、手ずからそれをもって花をつくることに従事した。

 『仏教説話百選』P282

   *       *       *

いよいよ最後の部分です。鳩夷那竭(クシナーラー)は釈迦入滅の地として有名です。阿闍世王が宝花を完成させる直前に、なんと釈尊は般泥洹(般涅槃)すなわち亡くなってしまうのです。

至九十日所作悉成。勅外駕當往上佛。傍臣白言。聞佛前到鳩夷那竭國。已般泥洹也。王聞心大悲號。涕涙哽咽曰。我故至心手作此華。佛雖般泥洹。我故當齎詣耆闍崛山。以上佛坐處展馳我意也。祇婆曰。佛者無身亦無泥洹。亦不常住無滅無在。惟至心者爲得見佛。佛雖在世間無至心者爲不見佛。大王至誠乃爾。佛雖般泥洹往必見佛。便至耆闍崛山中。見佛且悲且喜。垂涙而進。頭面作禮以七寶華前散佛上。華皆住空中化成寶蓋正當佛上。佛便授與王決曰。却後八萬劫劫名喜觀。王當爲佛。佛號淨其所部如來。刹土名華王。時人民壽四十小劫。阿闍世王太子。名旃陀和利時年八歳。見父授決甚大歡喜。即脱身上衆寶以散佛上曰。願淨其所部作佛時。我作金輪聖王得供養佛。佛般泥洹後我當承續爲佛。其所散寶化爲交露帳正覆佛上。佛言。必如汝願。王爲佛時必當作金輪聖王。壽終便上生兜率天上。壽盡便下作佛。在藥王刹土教授。佛號栴檀。人民壽命國土所有。皆如淨其所部。佛時授決適竟王及旃陀和利。前爲佛作禮便㸌然不見佛所在
阿闍世王授決經

大正新脩大藏經テキストデータベース より

 (私訳)

90日かかって、ようやく宝花が完成した。王が釈尊のところへ出向く準備を命じると、傍らの大臣が言った「お釈迦さまはすでにクシナーラーで涅槃に入られたと聞きます」
これを聞いた王は大いに悲しみ、涙を流し嗚咽しながら言った「私は心を込めてこの花を作ったのだ。釈尊が亡くなったとしても、耆闍崛山に詣で、せめて釈尊の座所にこの花を捧げよう」
祇婆大臣は言った「仏には身体というものがなく、涅槃というものもありません。また一定でもなく、滅びることもなく、存在するということもありません。ただ心を尽くした者にだけ、仏の姿が見えるのです。王さまが誠意を尽くされたことにより、お釈迦さまは涅槃に入られたと言えども必ずその姿をみせてくださいましょう」
王が耆闍崛山に入ったところ、釈尊が姿を現したので、王は涙を流して喜び、釈尊の足下に額づいて、七宝の花を釈尊の頭上に散華した。花はみな空中にとどまり、宝蓋となって釈尊の頭上を覆った。
釈尊は「王は今後8万劫ののち、『喜観』と名づけられる時代で、『淨其所部如来』という名の仏になり、『華王』という名の仏国土をしろしめすでしょう。ときにその人民の寿命は40小劫となるでしょう」と授決した。
阿闍世王の太子は、名を旃陀和利といい、時に8歳であったが、父が授決されたのを見て大いに喜び、身につけていた宝石を釈尊の頭上に散華して言った「父が淨其所部如来として成仏するときには、私は金輪聖王になって仏を供養したいと願います。また父が般泥洹に入った後には私が跡を継いで成仏し、宝石を連ねて幔幕となし仏の頭上を覆いたいと願います」
釈尊は答えた「あなたの願いは必ずその通りになります。阿闍世王が成仏した折には、あなたは必ず金輪聖王になり、王が仏としての寿命を終え兜率天に転生した後には、薬王如来の仏国土において、『栴檀如来』という名の仏になり、淨其所部如来と同じ仏国土と人民を継承するでしょう」
授決された阿闍世王と旃陀和利太子が礼拝すると、頭を挙げたときには釈尊の姿はもはやそこにはなかった。

   *       *       *

若干の補足を。

オーソドックスな授決(授記)においては、成仏後の号、統治する仏国土、統治する劫(時代)の名がワンセットとして予言されます。他の例として、『法華経』「譬喩品」では、釈尊のいわば一番弟子である舎利弗に対し、華光如来という仏号、離垢という仏国土名、大宝荘厳という劫名が予言されます(坂本・岩本訳注『法華経〈上〉』(岩波文庫)P145)。

交露(帳)は検索すると WikiArc に「宝玉をつらねた幔幕」(交露 - WikiArc)という説明がありました。紙にしろネットにしろ、私が検索を怠って間違った訳をしているところはいっぱいあると思います。見つけ次第、訂正するつもりですが、お読みいただく方には、どうかその旨ご承知おきとご容赦をお願いします。

成仏した如来にも、寿命があるとされることがあります。気の遠くなるような長い年月ですが。『無量寿経』のより古い訳では、阿弥陀如来が寿命を終えて入涅槃した後には観世音菩薩が成仏して跡を継ぎ、さらに成仏後の観音が入涅槃した後には大勢至菩薩が成仏して後継する(次第成仏)ことが記されているそうです。私はまだ原文には当たっていませんが。

金輪聖王(転輪聖王)は、古代インドの伝説で世界に平和をもたらす理想の王です。インド国旗の中央に載っている車輪は、聖王が回す法輪だとする説があります(法輪 - Wikipedia)。

阿闍世王の救済については、大乗仏典『大般涅槃経』には別の物語の記述があり、それが親鸞『教行信証』にごっそりと引用され浄土真宗の根本教義の一つ「悪人正機説」の理論的裏付けになっています。ですがそちらの紹介は、私の勉強が足りていないので、別の機会とさせていただきたく存じます。

『大般涅槃経』当該部の現代語訳は田上太秀『ブッダ臨終の説法―完訳 大般涅槃経〈2〉』(大蔵出版)P309~、『教行信証』当該部の現代語訳は石田瑞麿『歎異抄・教行信証〈1〉』(中公クラシックス)P254~で読めます。

ブッダ臨終の説法―完訳 大般涅槃経〈2〉

ブッダ臨終の説法―完訳 大般涅槃経〈2〉

 
歎異抄・教行信証〈1〉 (中公クラシックス)

歎異抄・教行信証〈1〉 (中公クラシックス)