しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

減感 の検索結果:

スギ花粉症減感作療法の薬が変更になった

…ので。 スギ花粉症の減感作療法を受けている。今年は5シーズン目だったが、記事を書かなかった。前回の記事は昨シーズンのものになる。 www.watto.nagoya 記事を書く気にならかなったということは、それだけ症状が軽減されたということだろう。ありがたいことではある。だが症状ゼロではない。気を紛らわそうと思えば紛らわせられる程度だが、症状は残っている。 減感作療法は、花粉の時季以外でも服薬を継続する必要がある。薬がなくなったので、かかりつけの医院にもらいに行った。 そうした…

お百度参り三社め(50/100)

…花粉が心配だったが、減感作療法4シーズン目が効いたのか、花粉量がまだたいしたことないからか、さいわい参拝中に症状は出なかった。 だが最初に書いたように、今回は足が痛くなってしまった。 今回はお百度のコースとして、神社のあるほぼ正方形の区画を一回りすることにしている。Google マップ にモノサシを当てて計ると、一辺約100m、一周約380mというところだった。 1月9日の記事 を読み返すと、一社目は一区画一周約320mと書いていた。今回はちょい長めだが、坂はない。数をこなせ…

スギ花粉症減感作療法4シーズン目(3年3ヶ月目)

…んが、4年前の花粉症減感作療法の第一回目の記事も貼っておきます。 watto.hatenablog.com 「減感療法」と書いていますが、「減感作療法」が正しいようです。 内容を要約すると… ・効果が見られるのは70%ほど ・初めに採血してアレルギー検査をする(スギ以外の反応があるとNG ・治療方法は、一日一回、薬剤を舌の下に含ませて、2分ほどそのままにしてから飲み下す ・弱い薬剤から始めてだんだん量を増やし、2週間かけて一定量まで引き上げる といったところです。「花粉症」で…

スギ花粉症減感作療法の経過報告と個人的に体質に合ったのか効いてくれた市販薬

…ークは過ぎたようだ。減感作療法を始める前だと、ゴールデンウィーク前までぐずぐずしていたが、そういうことがなくなったのがありがたい。 ここらでまた、主に自分用メモの目的で、経過をまとめておく。前回のメモはこちら。リンクから芋づる式に過去記事をたどれる。 watto.hatenablog.com ただし新しい内容としては、医師に「卒薬」の相談をしたら、海外の論文によると3シーズンで止めた人と7シーズンまで継続した人を比べると、3シーズンでは症状再発が見られたとのことで、もう少し継…

カタログギフトで箱根湯本のホテルの入湯&昼食券を貰ったのでついでに芦ノ湖まで足を延ばした

…回の、花粉症に対する減感作療法経過報告であるとか、弱視者向けのサポートツールとかであれば、ある程度の一般性はあったのかなと、つい後からくよくよ考えてしまう。これまで何ともなくても花粉症を発症する人は毎年出るし、中途失明のリスクは怖いほどあるのだから。内容が薄いのは棚に上げるとして。 今回のネタは、箱根湯本と芦ノ湖への旅行記である。首都圏在住の方にとってはありふれた観光地でも、私が住む東海地方からだと首都圏からの倍くらいの距離があるため、そんなに気軽には訪問できる場所ではない。…

小ネタ集を始めると小ネタ集しか書けなくなるのか?

…しています。 目次 減感作療法3シーズン目 v.s. 花粉飛散量「非常に多い」 デジタル関係の小物をいろいろ買い物した 自分用リンク集 スポンサーリンク // 減感作療法3シーズン目 v.s. 花粉飛散量「非常に多い」 これまでの経過は、前回の関連記事から芋づる式にたどれます。いあ改めて参照してもらうほどのことは書いてないです。 watto.hatenablog.com 電車に乗っていたら、立て続けに3回くらいクシャミが出た。「こりゃまずいかな?」と思ったが、幸いそれ以上の症…

1件で1記事にするほどでもない小ネタ集

…ないけど、花粉症の「減感作療法」というのを弊ブログではしばしばネタにしている。減感作療法は英語では “desensitization therapy” と言うのだそうだ(Weblioにて調査)。仮にそれを知らなくても “New therapy by taking small amount of allergen, the object which causes allergy, intensionally in order to get used to it and redu…

スギ花粉症の減感作療法3シーズン目(2年3ヶ月目)経過報告

…た通り、スギ花粉症の減感作療法というのを足掛け3年やっている。アレルギーの原因となる物質をわざと摂取することにより、アレルギー反応を抑えようという治療法だ。2014年の12月に始めたから、正確には丸2年と3ヶ月である。今年も減感作療法に関する経過報告をやろうと思う。 これが弊ブログにおける減感作療法に関する最初のエントリー。「減感療法」と誤記している。 watto.hatenablog.com この当時は弊ブログに対するアクセス数も多くなく、つか書いてる本人はほぼ自分の日記の…

そこそこ大きいモノを失くしてあとで出てきた話二題

…にあるのは、花粉症の減感作療法に使っている舌下剤である。 何度かブログのネタに使ったこともある。これとか。 watto.hatenablog.com なんでこんなにサイズがぴったりなんだ~っ!?ヽ(`Д´)ノ あと腕時計。腕時計をはめるようになって以来、いくつ失くしたかわからない。今のものは、長持ちしている方だ。珍しく、同じものを10年以上は使っているんじゃないかな? これを失くした。 結局、50の手習いってことで通っているギター教室で、レッスンの前に無意識に外して… わかり…

花粉症に対する減感作療法の途中経過報告

…た。一昨年の12月に減感作療法を始めて、1シーズン目すなわち去年の体感は始める前より4~5割軽減されたと感じた。そして2シーズン目の今年は、始める前の1割未満、ひょっとすると5%とかパーセントにしてヒトケタくらいかも知れない。 よく読み返したらすでに去年の自分のエントリーに「苦痛は去年までの半分くらいかな?」と書いていた。 目のかゆみに対する効きが一番悪い感じ。顔をよく洗うとか、花粉症用の目薬を差すとかしてしのぐしかない。 伝わりますでしょうか? 減感作療法はスギ以外にアレル…

今年もやります花粉症に対する減感作療法の人体実験経過報告

…当方、花粉症に関する減感作療法というのを一昨年からやっている。シーズンの半年くらい前から始めなきゃならないから、今季で2シーズン目だ。昨シーズンは、QOLに改善は見られたが完全に抑えられたわけではなかった、というのが結論。 おお、ブログの検索結果もリンクとして貼れるんだ! www.watto.nagoya 「減感」で検索しているのは、最初のころ「減感作療法」を「減感療法」と書いていたから、両方検索にひっかかるようにするためだ。「減感作療法」というのが正しいらしい。 検索結果を…

小ネタの在庫処分

…からかも知れない。 減感作療法に関しては、勝手に宣伝マンのようになって、周りの花粉症の人に勧めて回っている。 3月8日のエントリー に書いた職場の人は、大いに関心を示してくれて、「舌下剤の説明書あげましょうか?」と尋ねたら貰ってくれた。以前も貼ったこの写真の背面に写ってるやつ。 4月に入って勤務先が変わった。こちらの職場で花粉症の人に同じ話をしたら、明らかに温度差がある。話を聞くと、症状はあるのだが咳が出るなど症状の出方が変わってきており、しかも軽くなる傾向にあるとのこと。説…

花粉症に関するメモ

今年は舌下剤による減感作療法を始めて一年目なので、どうしてもこのネタが多くなります。つかいつも書いているように、弊ブログの主目的は自分用メモです。 過去のエントリーを「花粉症」で検索すると、花粉飛散のピークはだいたい3月いっぱいまでだが、4月に入って市販薬を飲まないで済むようになったかなと思っていると、結局我慢できずにGW前まで服用を続けるというのが毎年のパターンだった。 今年は4月第2週の今週に入ったあたりから、市販薬を飲まないでもなんとか我慢していられる。菜種梅雨のような…

花粉症で唇の周りがボロボロになる症状に、口唇ヘルペスの軟膏が効き目があった

…ません。舌下剤による減感作療法とは別の話です。 この冬、口唇ヘルペス用の抗ウイルス軟膏を試してみた。 口唇ヘルペスには長年悩まされてきた。マルチビタミン&ミネラル錠を常用するようになって、多少症状は軽減されたような気がするが、発症するときはきっちり発症する。私の体にはロクなところがない(泣 経緯は忘れたが、ネットを見ていて、口唇ヘルペスはウイルスが潜伏していて日和見で発症するものだから、抗ウイルス剤で根絶するしかないというような情報を見つけた。 ↓ ここだったかな? 口唇ヘル…

スギ花粉症の舌下薬による減感療法の経過メモ

今年から減感療法を始めたので、経過を自分用メモに残します。過去の関連エントリーはこちら。 スギ花粉症の舌下液による減感療法というのを始める スギ花粉症の減感療法、通院2回目 ドラッグストアのポイントで交換したキッチンタイマーが届いた 過去日記を検索すると「花粉症が来た」と書いているのは例年3月第1週あたりだから、少し早いかもしれない。 だが通勤電車でマスクをしている人を多く見かけるようになったし、ネットの花粉情報によると愛知県西部は「多い」になっているから、花粉はすでに飛んで…

ドラッグストアのポイントで交換したキッチンタイマーが届いた

…単なもの。 そゆえば減感療法の舌下剤の写真をまだ貼ってなかったので、一応アップ。 取扱説明書がものものしい。免疫をいじる薬だけに、アナフィラキシーショックと言うんだったっけ? 副作用に神経質なのだ。 確かに服用すると、説明は難しいんだけど、ちょっと体温が上がるような気がするというか(ホントに上がってるわけではないだろうけど譬えです)、体全体が身構えるような感覚がある。内臓の負担が軽くないんだろう。 内臓の負担というのなら、毎年常用している市販薬でもそれは感じるのだし、始めてし…

スギ花粉症減感療法通院3回目と、タイマが欲しくなったのでポイントで

…うのだ。スギ花粉症の減感療法関連でスギ薬局を利用するというのも、何かの因縁かも知れない。 こんなものがあった! 600点なら十分射程圏内ではないか! Σ(゚Д゚; 店頭で見かけてポイントが足りないと諦めた「でか見えタイマー」も、ものはついでなので貼っておこう。 というわけで、先ほどの「+100スギポイント」券を手に、別のサプリを買いに行く。こちらはまだちょっと残ってるけど値段がほぼ3,000円なのだ! このあたりの行動は十分本末転倒なんだけどね。プラス100ポイント貰うために…

小ネタを2件

スギ花粉症の減感療法、通院2回目 10倍量の舌下液を出してもらった。またこれを1週間かけて少しずつ増やしていき(1&2日目1滴、3&4日目2滴、5日目3滴、6日目4滴、7日目5滴)、来週からは一定量になるんだそうだ。 前回までの薬は捨てるしかない。半分以上つかほとんど残っているのに、もったいない。だがこればっかりは仕方がない。他人に使ってもらうわけにもいかない。私の親くらいの年代だと、病院でもらった薬が捨てられなくて、怪しげなものをいっぱい溜め込んでいて、私がカゼなど引こうも…

スギ花粉症の舌下液による減感療法というのを始める

…療所に「スギ花粉症の減感療法が保険適用となりました」という張り紙が張ってあった。シーズンに間に合わせるには、今くらいから始めるのがちょうどいいとのことだったので、いつもの気まぐれつか何でも試してみよう精神で、やってみようと思った。だが医師の説明を聞くと、思ったよりずっと面倒臭そうだった。 まず採血してアレルギーの検査をした。結果が出るまで一週間。もらった報告書を見ると、スギだけじゃなく、ハルガヤ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど13項目の検査結果が並んでいた。ハルガヤ、カモガヤ…