しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

2台めのVISTAマシン導入

先週の水曜日に届くには届いていたのだが、のんびりゆっくり、Officeやらプリンタドライバやらをインストールしたり、必要なデータをコピーしたりして、ようやく本日、実戦配備とあいなった、って兵器か?(^▽^;
いや実は今回は、オンラインショップで購入したのだが、「用途」の入力の際にフォームの誤操作で「政府軍事」を選択しちまったらしく、メーカから問い合わせの電話はかかってくるわ、メールで日本語と英語の誓約書フォームが送られてきてサインしろと言われるわ、えらい目にあったのだ。こちらからサポートデスクに電話して「誤操作だ」と主張したのだが、一旦入力してしまったものは変更できないとかで、とにかく誓約書にサインだけはしてFAXで送信しろ、でないとキャンセルもできないという意味のことを言われた。んなバカな話があるか!自分で失敗しといて言うのもなんだけど、スクロールによるフォームの誤操作なんて、ありふれた話じゃないんだろうか?それにあとからあちこち調べたが、どこにも確認画面なんて出なかったぞ(T▽T;
しぶしぶFAX送信だけは済ませ、もしそれ以上なにか面倒なことがあったら速攻で発注キャンセルするつもりでいたのだが、それからは特に何事もなく、無事、商品が届いた。
ただし、これで自衛隊に目をつけられたかも知れん。いや、私なんぞはとうの昔に監視対象か(^▽^;
3月に購入した1台めと同じメーカから同じ型番の機種を発注したのだが、このほんの3ヶ月ほどの間に、いろいろとマイナーチェンジがあった。
まずCPUが標準でデュアルコアに変更されていた。1台めを発注して確認の電話が入ったときに、VISTAは通常のプロセッサだとつらいので、追加料金を払ってデュアルコアプロセッサにアップグレードすることを勧められた。10万円を超えると経費処理が面倒になるので、断った。実物をいじってみると、確かにXPに比べても反応が明らかに遅かった。ブラウザのフォームに文字を入力する時とか、Flashを実行させる時などに、差が目立った。
それから、3000円ほどの追加料金で、Home BasicからHome Premiumへのアップグレードが可能になっていた。10万円のハードルをぎりぎりクリアしていたので、2台目では付けてみた。
おお、Aeroがさくさく動くぞ!ブラウザもちゃんと使える。さすがはデュアルコア
あと、3/24 に書いたサードパーティ提供のデバイスドライバの不具合も、当然ながら解消されていたし、本ブログには書かなかったけど、1台めでは初めの頃サイドバーがVISTA自身によって閉じられてしまうという不具合っつーかわけわからん現象が起きていて、それが確か何度目かのMicrosoft Updateで解消したのだが、2台めでは当然のように再現しなかった。
要するに、安くなり、なおかつ性能も良くなっていたのだ。3ヶ月でも、待って買うべきだなぁ…いや、3月の1台めも、今回の2台めも、それなりに必要があってそれぞれの時期に発注したのだが。
3台め、発注しちまったぜ(*^^*)