しいたげられたしいたけ

根拠の崩壊した裁量労働制(別名「定額働かせ放題法案」)に反対します

作家の氷室冴子さん死去

「えっ!?」と思わず声を出してしまった。
http://www.asahi.com/obituaries/update/0606/TKY200806060232.html

 「なんて素敵(すてき)にジャパネスク」などで少女小説のブームを担った作家の氷室冴子(ひむろ・さえこ、本名碓井小恵子〈うすい・さえこ〉)さんが6日、肺がんで死去した。51歳だった。

二十代の頃、『雑居時代』に衝撃を受けて、当時手に入るコバルト文庫を片っ端から読みあさった。
複数の登場人物の視点から物語を語れる力量に、とにかく舌を巻いた。
当時はラノベなんて言葉はなかったが、ラノベの持つ恐るべき可能性を感じた。また世間がラノベというジャンルに冷淡であることに、怒りのようなものすら感じたものだった…と言いつつ今は『ハルヒ』すらまだ読んでないけど。
クララ白書』&『アグネス白書』シリーズの主人公「しーの」の健気さが、今も泣きたいくらい好きです。
ご冥福をお祈りします。