しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることで人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗している

Google AdWords からキャンペーンメールが届いた件

最近、さらに読者登録していただいた方が増えて、総数950名になろうかという状況です。ありがたいことだと感謝しています。しかし、折につけ繰り返している通り、弊ブログの主目的は自分用のメモです。あまり面白い内容を期待していただいても、ちょっと辛いところです。

当方はアフィリエイトが流行するずっと以前からブログをやっています。検索ができるので後から自分の役に立つことと、こんな内容でよろしければということで他人にも公開しているにすぎません。

そんなで SEO にはあまり熱心ではなく、当然の報いで Google神 の覚えめでたいとは程遠い状態にある。

だから、Gmail アドレスに AdSense からこんなキャンペーンメールが届いたときには、つれない Google神 がようやくこちらを振り向いてくれたのかと喜んだのであった。

 f:id:watto:20170502143112p:plain

Google AdWords というのが何かをご存知の方は、それがぬか喜びであることは、もうおわかりであろう。AdWords というのは、Google の検索結果に広告を表示する有料サービスだ。「最大7500円分のクレジットを進呈」というのは、広告料から最大で7500円引いてくれるということにすぎない。

そんなこと知らないもんだから、なんだか知らないが7500円は大きいぞと、いそいそとリンク先を開いて AdSense アカウントでログインした。

初めに検索キーワードを、デフォルトの Google のアルゴリズムに任せたままにするか、推奨の自力で設定するかと問われる。推奨の自力設定を選択した。

続いて、現在の概算アクセス数と、目標アクセス数の入力が促された。「目標アクセス数って何?」てなもんだが、よくわからない人向けにということでサンプルの数字が表示されるものだから、それを入力した。

さらに、キーワードを15~20くらい入力してくれと言われた。デフォルトでは、「道路」「渋滞」「迂回」などの組み合わせが並んでいた。先月、地図にない道 とか その後日談 とかいった類のエントリーを公開していたからだろうか? それらはうちのメインコンテンツではない。つか、うちのメインコンテンツって何だ?

思い入れが深かったり、読んでもらいたいと思ったりしたエントリーをいくつか思い浮かべて、それらの関連キーワードと置き換えた。キーワードを入力するたびに、リンク数らしき数字がリアルタイムで表示されるのが、さすが Google である。

あれこれ迷いながら15を超えるキーワードを設定して、後で直せばいいやと思いつつ、次の画面に進んだ。

そうしたら、有料広告のサンプル画面が出てきたではないか!

これでようやく自分の思い違いに気づいた。もしいくつかの条件が整えば、webビジネスをやってみたくないこともないが、当面、広告料を払ってまで公開するようなコンテンツはない。

キャンセルするにはどうしたらいいんだろう? 画面には「戻る」ボタンはない。ブラウザの戻るボタンで戻ってみたが、当然のように画面表示がエラーになるだけだった。

放置するしかなかった。

 

そうしたら、二、三日して、こんなメールが届いた。

f:id:watto:20170502143134p:plain

 

さらに何日かして、ダメ押しのように催促メールがもう一通来た。

f:id:watto:20170502143154p:plain

サポートセンターの番号はフリーダイヤルだったので、電話してみる気になった。

自動音声入力に従って、メールに書いてある「お客様ID」までをダイヤル入力すると、オペレータさんにつながった。

オペレータさんに、有料広告を利用する意図がないことを告げた。「お客様ID」を再度、告げるように言われたので、電話口で読み上げた。

私の場合は、設定が最後まで終了していないので料金はまだ発生していない旨と、「お客様ID」はすでに発行してしまったので削除はできない旨を伝えられた。

それではどうすればいいですかということで、「放置すればいいんですか?」「放置すればいいんですね?」とこちらから二度くらい促して「はい」との返事をもらった。

それでよかったかどうかは若干自信がないが、それから AdWords からのメールが届かなくなったところを見ると、まあよかったのだろう。

 

それにしてもこれ、AdWords が有料広告サービスだと気づかないまま契約してしまうとか、ペナルティなしで解約できないステージまで契約が進行してしまうとかいった可能性はないのかね? 「AdWords を知らん方が悪い」と言われそうだが、もし言われたら「それは Google 側の都合でしょ」くらい言い返したいところだ。しかしあまり強く出る勇気がないのは、AdSense のお世話になってる弱みがあるからだろうか?

「こんな端た金で魂が売れるかっ!」とばかり AdSense 広告返上できたらカッコいいんだろうけど、今の時点では Google 神の逆鱗に触れる勇気はないのである(泣

追記:

ブコメで「無料でも使える」というご指摘を、いくつかいただきました。ありがとうございました。

でも前述した理由で、うちではやはり使いづらいな。誰か使ってる様子をレポートしてください(他力本願)。書いてくれたらうちからもリンク貼ります(報酬そんだけかい?

追記:(5/12)

とし兵衛 (id:suganokei)さんがアドワーズ利用方法の記事を書かれましたので、リンク貼らせてもらいます。

dimofsoul.hatenablog.com