しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

USBメモリの寿命が近づくと

認識されにくくなるのかな?
少なくとも6年以上は使っているBuffalo製の32MBなのだが、挿入するとLEDインジケータが点灯はするのだが、パソコン側のマイドキュメントにアイコンができない。差し込むUSBポートを変更すると、「デバイスドライバをインストールしています」というメッセージが表示され、中身が読めるようになることもある。
名古屋駅前のエイデン本店が新装開店したときのセールで、仕事用にまとめ買いした1GBが何本かあるので、そのうちの一本を個人用におろすことにした。けっこう大事なデータを入れることもあるから、いきなり死なれると困るのだ。転ばぬ先の杖というやつである。
しかしUSBメモリも大容量化したもんだ。32MBでも十分用は足りてたんだけどね。