しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

クレジットカードの変更が意外とやっかいだった(その3)

完結です。とは言っても、たいした話があるわけじゃありません。

法人契約化を進めると言っても、送られてくる書類に必要事項を書き込んで返送し、あとはひたすら待つだけ。ただし当然ながらつか、いろいろと知らないことはあった。例えば法人契約の場合、契約者名には私の名前を書いちゃいけないんだとか。会社名を書かなきゃいけないんだそうだ。そういうことがあるたびに書類が返送され、訂正印がべたべたと押される。

そのせいかどうか知らないが、口座引き落としの手続きが間に合わないとかで、月末になるたびに家賃の振込用紙が送られてくる。これで去年の12月から2月間までの3か月分を振り込んだ。3か月って長くないか?

その他のクレジットカード支払いの切り替えのほうは、まあ順調にいったようだ。一番心配していたのがLinkLifeだが、ネットで明細を確認すると無事新しいカードからの引き落としが始まっていた。その代りつか何つか、Amazonでうっかり古いほうのカードを使ってしまったらしく、2月1日付の取引が一件、記載されていた。支払いは3月末になるので、それまで古いカードの解約ができない。いやできるのかな?週明けにでも発行元の信販会社に問い合わせてみよう。年会費を払いたくないだけの、せこい根性。

せこいと言えば、新しいカードが送られてきたときに、電気料金&ガス料金の引き落とし申請書が同封されていた。ガスは都市ガスじゃないから対象外だが、電気料金のほうだけフォームを埋めて送ってみた。ポイント目当てである。もともと銀行口座から引き落としにしているが、これで切り替わるかどうかは未確認。

今回のエントリーはもっぱら自分の記録用なので、強いてオチはつけません。いや実は実家の方で法人カードの取得を画策しているらしく、私の分も作ってやろうかという話をちらっともらった。法人カードなるものが何の役に立つかは知らない。もうちょっと話が具体化していたら、いつもの間の悪さということでオチにできたかもだが、まあいいや。

あと顔見知りの社長がクレジットカードを持っていないと聞いて驚いたのも、つい最近のことなので書いておこう。地元では中堅どころの、けっこうな規模の建設会社。ネットの支払いとか困るんじゃないかと思うのだが、社長業をやっている人種はネットなんかで遊ばないのかも知れない。