しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

今度はトイレタンクのレバーハンドルが折れたがレバーハンドルだけ売っていたので自力修理できた

正確には、レバーをタンクに固定するためにネジを切ってあるパイプが折れたのだ。

言葉で説明してもわかりにくいから、写真を示す。

f:id:watto:20161122152726j:plain

ネジ山が切ってあるのが実はパイプで、この中でレバーが回転できるようになっている。これがナットでタンクに固定されていたのだが、ご覧の通り真ん中あたりで真っ二つに折れて、レバーがブラブラになった。

人間の作ったものは、なんでも壊れる運命にある(泣

スポンサーリンク

 

まず考えたことは、接着剤でくっつかないかということだった。だが案外強い力がかかる所なので、接着剤では無理だろうなとも思った。実際ちょっとやってみた経緯は省略。

ならば、ホームセンターでレバーハンドルだけ売っていないかなと考えた。家庭用品は標準化が進んでいるので、部品さえ手に入れば、これまでも自力でなんとかしてきた。

類似過去記事一覧。たいがい古いアパートに住んでるから、こんなことばっかりやってるのだ。

蛇口の水漏れを修理した話

洗面台の蛇口を丸ごと交換する

洗浄便座を自力で設置する

台所の蛇口も交換する

トイレのボールタップ(浮き玉付き水栓)を交換する

トイレタンクのゴムフロート(弁)を交換する

で、恒例タイトルでとっくにネタバラしてるが、あっけなく手に入った。

タンクはINAX製で、こちらはTOTO製だから、大丈夫かなとちょっと心配だったが、モノサシで当たって調べた各部の寸法がだいたい一致していたので、えいやっと買ってしまった。税込み2,570円。

f:id:watto:20161122131751j:plain

裏面。取扱説明書になっている。

f:id:watto:20161122153610j:plain

先端の金具だけは、折れたレバーについていたものを流用した。

f:id:watto:20161122132732j:plain

作業中の写真。タンク汚くてすみません。これでも一応目につくところは雑巾で拭っています。

ナットは手回しでもそこそこ締まったが、念のためアンギラスを当てた。手回しと工具を使うのとでは、やっぱり違う。ただし黒いパッキングが軟らかいので、あんまり強く締めると潰してしまいそう。この力加減がよくわからない。はっきり言って適当に済ませた。

f:id:watto:20161122133741j:plain

あとはチェーンの長さを調整して、無事、交換完了。作業時間30分もかからなかったんじゃないかな? ホームセンターまで往復するほうが時間がかかった。

f:id:watto:20161122133624j:plain

ただし今回のレバーハンドルは取り付いたものの、INAXTOTOの部品が共通とは限らないので要注意。例えばレバーの先のチェーンが引っ張っている部分を、INAXはゴムフロート、TOTOはフロートバルブと呼んでおり、形状も全然違うのだ。 

TOTO ロータンク用フロートバルブ THY416R

TOTO ロータンク用フロートバルブ THY416R