しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう知的とは体を動かさない程の意味で知能の優劣のような含意は一切ない

珍しく一行書評なんぞを

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)

  • 遙洋子『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』(ちくま文庫)
    • 結局「何のために学問をするのか?」という根元的な問いに対する答えは、自分自身で学問をした人間にしか得られない、ということか。
    • (つまり「この本を読んだだけではわかんないですよ」ってことだが)

デビルマンは誰なのか

デビルマンは誰なのか

  • 永井豪『デビルマンは誰なのか』(講談社)
    • 永井豪の作品世界が『デビルマン』を中心に展開されていることはとっくに気づいていたつもりだが、やはり作者自身も自覚の上のことであったか。
    • (『ハレンチ学園』や『マジンガーZ』など、別の人気作品を中心とした作品世界も展開してほしいと思うのは、ないものねだり?)

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)

「A」―マスコミが報道しなかったオウムの素顔 (角川文庫)

  • 森達也『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』(角川文庫)
    • ドキュメンタリービデオ「A」は公安警察の「転び公妨」(公妨=公務執行妨害)の現場を撮影したことで有名になったが、本来森氏のオウム取材は「オウムを理解したい」という主題が一貫している。
    • (そしてその目的は、未だ達成されていないと思う)

二行になっちまったぜぃ(*^^*)