しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

細谷正充・編『新選組傑作選 誠の旗がゆく』(集英社文庫)

新選組傑作選 誠の旗がゆく (集英社文庫)

新選組傑作選 誠の旗がゆく (集英社文庫)

アンソロジー。通勤に時間がかかっていた頃に、勤め先の近所で買って、通勤電車で読みきれなくてそのままになっている本がたくさんあるので、少しずつ消化している。
大河ドラマの放送期間に間に合わなかった。いやむしろ間に合わなくてよかったのかな?この短編はあのシーンだ…といろいろ画面を思い出す楽しみができたから。しかし近藤勇と言えばあの顔、土方歳三と言えばあの顔…しか思い浮かばなくなっているという話もある。
同じシーンを違う人が違う人を主人公にしていろんな角度から描いているのを比べ読みできるのも、興味がふくらむ。一方で、油小路の変など特定の事件にテーマが集中しすぎている嫌いもある。