しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

物語としての新選組のスタンダードは司馬遼太郎ではなく子母澤寛なのだが…(その2:沖田総司ほか編)

「その1」を書きながら確認のためぐぐって見つけたのだが、『新選組始末記』のウィキペにはこんなことが書いてあった。

また、司馬遼太郎は1967年(昭和42年)に最晩年の子母澤と対談し、その対談「幕末よもやま」によれば、司馬は20歳くらいの時に『新選組始末記』を読んで、どうしてもこれは超えられないと思い、子母澤に会いに行って教えを請うたという。

新選組始末記 - Wikipedia

 

検索すると「幕末よもやま」は『歴史を動かす力 司馬遼太郎対話選集3』(文春文庫) に収録されているそうだ。未読だから読まなきゃ。 

歴史を動かす力 司馬遼太郎対話選集3 (文春文庫)

歴史を動かす力 司馬遼太郎対話選集3 (文春文庫)

 

 

司馬は『新選組血風録』中で2度、子母澤の名を挙げて引用を行っている(ただし表記は「子母沢」)。

 一度目は「池田屋異聞」という短編中で

山崎蒸の栄達の理由としては、昭和三年、子母沢寛氏が、八木為三郎老人の昔話を取材され、その談を次のように記録されている。

司馬遼太郎『新選組血風録』(角川文庫) P142

と前置きして、次のような引用を行っている。八木為三郎は新選組が屯所としていた八木家の子息だそうだ。

――山崎は林と共に勿論大坂の出で、おまけに商売がら土地の地理はよく知っているし、その上、金持の間の事情を知っていました。
いわば今でいう大坂財界の消息に通じているので、隊で金が入用な時には、この男の案内で幹部が大坂へ出かけて行ったものです。
――さて、行って見て、どれほど持って帰ったかは知りませんが、山崎が、「また大坂へ一稼ぎに行って来る」と父へ話しているのをたびたび聞きました。平隊士なども、「山崎助勤は大坂の金蔵から生れてきたような人だ。いい芸をもっている」などといっていたものです。
山崎が、隊士の上に立つ身になったのは、ただ、この金持の案内をするためだ、などと申していました。三十二、三でしたろう。身体は大きい方で、色の黒い、余りハキハキ口の利かぬ人でした。

 同 P142~143 ルビある場合は省略。以下同じ。

「その1」でも書いた通り『新選組血風録』は新装版が出ていますが、私は1969(昭和44)年版に準拠していますので、新装版とはページが前後しているかも知れません。

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

 

 
上に引用したインタビューは、子母澤『新選組遺聞』中公文庫版 P150~151 に収録されている。

読み比べて見ると異同が目についたので、試しに司馬の引用と違っているところのフォントの色を変えてみた。

 山崎は林と共に勿論大阪の出で、おまけに商売土地の地理はよく知っているし、その上、金持の間の事情を知っていました。大家の番頭などにも顔見知りが多く、わば只今でいう大阪財界の消息に通じているので、隊で金が入用な時には、この男の案内で幹部が大阪へ出かけて行ったものです。
 さて、行って見て、どれ持って帰ったかはわかりませんが、山崎が、「また大阪へ一稼ぎに行って来る」と、父へ話しているのを度々聞き、帰って来たところにも途中で度々逢いました。
 平隊士などが集まって話しているのをきくと
「山崎助勤は大阪の金蔵から生れてたような人だいい芸をっている」
などといっていたものです。山崎が同士の上に立つ身なったのは、ただこの金持ちの案内をするためだなどと申していました。三十二三でしたろう、身体は大きい方で、色の黒い、余りハキハキ口を利かぬ人でした。

子母澤寛『新選組遺聞』(中公文庫) P150~151 フォント色変更は引用者による

やっておいて何だけど、目くじらを立てるところではなかろうと思った。ワープロがまだなくて原稿はみな手書きであり、コピペなど不可能だった時代のことだから。

そもそも子母澤のオリジナルの文章は正字體と舊假名遣ひで書かれてゐた筈で、それを編集者の権限で新字体と現代仮名遣いに改めることは広く認められている。

 

もう一箇所も紹介。「三条磧乱刃」という短編中で、

 壬生屯営時代の井上源三郎のことを、子母沢寛氏は、昭和初年、京都壬生の八木家(壬生郷士の家。新選組宿所の一つだった)を訪れられ、当時まだ存命していた八木為三郎氏に左のような懐旧談を聞き書きされている。

司馬『新選組血風録』(角川文庫) P312

と前置きして、次のような引用を行っている。

(前略)この沖田が近所の子守や、私(為三郎氏)たちのような子供を相手に往来で鬼ごっこをやったり、壬生寺の境内を駈け廻ったりして遊びましたが、そんなところへ井上源三郎というのがやってくると、
「井上さん、また稽古ですか」
という。井上は、
「そう知っているなら、黙っていてもやって来たらよかりそうなもんだ」
と嫌な顔をしたものです。
井上はその時分もう四十位で、無口な、それで非常に人の好い人でした。

 同 P312~313

「前略」は司馬によるものである。

 

子母澤の原文はやはり『新選組遺聞』に収録されていた。省略された部分も略さずに紹介してみよう。省略部と異同のフォント色を変えている。

沖田総司は、二十歳になったばかり位で私のところにいた人の中では一番若いのですが、丈の高い肩の張り上がった色の青黒い人でした。よく笑談をいっていて殆んど真面目になっている事はなかったといってもいい位でした。酒は飲んだようですが女遊びなどはしなかったようです。
近藤は、
「総司総司」
と呼んでいました。この沖田が近所の子守や、私達のような子供を相手に、往来で鬼ごっこをやったり、壬生寺の境内を馳け廻ったりして遊びましたが、そんなところへ井上源三郎というのがやって来ると、
「井上さんまた稽古ですか」
という。井上は、
「そう知っているなら黙っていてもやって来たらよかりそうなもんだ」と、忌やな顔をしたものです。
 井上は、その時分もう四十位で、ひどく無口な、それで非常に人の好い人でした。近藤の弟子だという話でした。

 子母澤『新選組遺聞』 P114~115

 

司馬は井上源三郎の説明がしたくて子母澤の文章を引用したようだが、子母澤の元々の文章は沖田総司の説明が主目的のようである。つかこうした部分からでも引用しなければ、井上に関する説明は見当たらなかったということだろう。

『新選組始末記』『新選組物語』を合わせた三部作を検索しても、井上源三郎については武州日野宿出身で近藤道場の門人だったこと、鳥羽伏見の戦いで討ち死にしたこと、それに長州の間者だったことが判明した松永主膳という隊士に一太刀を浴びせたが取り逃がしたことくらいしか情報が出てこなかった。

ということは、「三条磧乱刃」中で描かれた井上の人物像は、ほとんどが司馬の創作によるものだったのだろうか?

創作と言えば、松永主膳は『新選組血風録』中では「長州の間者」という短編中に登場する。ラストで落命するのだが、井上との絡みはない。ということは、「長州の間者」の多くの部分もまた司馬の想像の産物なのだろうか?

もしそうだとしたら、いやはやすさまじい想像力だ。知ってたけど。

新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)

新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)

 

 

『新選組遺聞』は、近藤勇の甥で女婿である近藤勇五郎の話として、「沖田の恋」と題して次のような話を載せている。

沖田総司は十二三の頃から、近藤道場の内弟子になったので、全く他人のような気もしませんし、千駄ヶ谷の植木屋へ移ってから、成願寺へわざわざ駕でやって来て、幾日も幾日も一緒にいるというような風です。
 新選組の人達は、相当女遊びをしたようでしたが、沖田は、余りそんな遊びをしなかった代りに、京都で、ある医者の娘と恋仲になったのです。これは沖田も話していましたし、勇も、母(つね女)へ話しているのを聞きました。しかし勇は、自分達の行末を考えていたためか、或時沖田へしみじみと訓戒して、その娘と手を切らせ、何んでも、勇自身が口を利いて堅気の商人へ嫁入らせたとの事でした。
 沖田は、よく私へこの娘の事を話していました。ふだん無駄口ばかり利いている男ですが、この娘のこととなると、涙を落して語ったものです。

 子母澤『新選組遺聞』 P310

八木為三郎と近藤勇五郎のインタビューを読み比べると、人づき合いがよく冗談好き、酒は飲むが女遊びはしない、意外と稽古嫌いという沖田の人物像が浮かび上がってくるようだ。イケメンではなかったらしい、残念ながら。

 

ところで司馬は、上掲の文庫本にして1ページにも満たない「恋の沖田」からイメージを膨らませて、「沖田総司の恋」という39ページの短編を書いている。「その1」に「人気作家と呼ばれる人たちの並外れた想像力に、改めて驚愕した」と書いたのは、この短編も踏まえてであった。

同短編中で医者に半井玄節、娘にお悠という名前を与えている。半井玄節で検索しても『新選組血風録』または「沖田総司の恋」というキーワードとセットでしかヒットしない。お悠には半井鉱太郎という兄がおり 「大坂の緒方洪庵塾で、蘭医を修業している」(P386)としているが、半井鉱太郎の検索結果はみごとにゼロである。

同短編は、近藤勇が事をうまく収めようとして、すなわちかりそめにも仲を取り持とうとして、結果として無神経極まりないことをやらかして破局をもたらすという筋になっている。いかにもありそうという気がする一方、近藤の霊としては泉下で司馬に文句の一つも垂れていることであろう。いや一つどころではないか…

 

このような大鳥の翼にも等しい想像力の持ち主は、司馬遼太郎だけではないようだ。

短編「三条磧乱刃」には、吉村貫一郎という名前が比較的多く登場する。

吉村貫一郎に関しては、子母澤は『新選組物語』P30~37 で語っている。元は南部藩の足軽で、俸禄だけでは5人の妻子を養いきれず脱藩し新選組の隊士となった。組内では監察という地位を得たが、わずか6ヶ月で鳥羽伏見の戦いを迎え、決戦の直前に隊士たちには隊費の残りが二分金でつかみ渡しのように分け与えられた。周知のとおり鳥羽伏見は幕府方の散々な負け戦で、吉村は命からがら大阪の南部藩邸に逃げ込んだのだが…

 

しかしこのエピソードに関して、司馬は何も語っていない。「三条磧乱刃」に登場する吉村は脇役であり、監察だけあって腕は確かな人物ということになっている。

ぶっちゃけ「三条磧乱刃」では主人公格の井上源三郎は剣術の腕前がぜんぜん大したことない人物として描かれており、吉村は言わばそれをくさす役割を割り振られているにすぎない。先に「井上の人物像は、ほとんどが司馬の創作によるものだったのだろうか?」と書いたのは、そういう意味のつもりだった。

 

ところが、ご存知の通りこの文庫本8ページの物語を、なんと900ページを超える大長編に仕立ててしまった作家がいるのだ。浅田次郎『壬生義士伝』である。

 

子母澤は「吉村氏の後嗣に至ってはずいぶん手を尽くして尋ねては見たが、遂に知る事を得なかった」(『新選組物語』P37)と書いている。

浅田は、吉村に二人の男児があったことにしている。そしてその二人の行く末までを創作している。

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

 
壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)