しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

再読

北村薫『空飛ぶ馬』(創元推理文庫)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

盤上の敵 (講談社文庫)』が良かったので、同じ著者の作品を。こういう時には、よく新しい本を買い込んで、結果、書架を爆発させるという悪癖があるのだが、多少は学習能力を発揮したつもり。首尾よく筋を忘れつつあったので。
著者の処女短編集。最初に読んだときには、著者のいかにも文系らしい博識と流麗な筆力に圧倒された。もっと読み込まなきゃと思った。しかし今回、読み直してみると、トリックの種明かしが婉曲すぎて爽快感が得にくいとか、アラが目立つような気がした。私のひが目にすぎないのかも知れない。