しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

実家の隣町の神社で左義長があるというので頼まれて縁起物を処分しに行ったのだが…(前編)

11日は実家にいた。身内から頼まれて、縁起物を処分するために隣町の神社に持って行った。

わざわざ隣町まで行かなくても、近所の神社で左義長くらいやっているのだが、日にちを忘れていて持って行きそこなったとのこと。

スポンサーリンク

 

そうしたら前日のローカルニュースで、明日(つまり今日だ)の正午から、とある神社で左義長をやると言っていた。聞いたことのない神社だったが、パソコンを開いていたので場所を調べたら、近いじゃないか! ということで、持って行くことにした。

こんなの。処分に困るので、自分では絶対に買ったり貰ったりしないことにしてるんだけどね。

f:id:watto:20160211100526j:plain

ローカルニュースとは言えTV電波に乗るとは珍しいとは思ったが、深くは考えなかった。

11時少し過ぎくらいに現地周辺まで来たら、思ったより人が集まってるし、露店まで出てるじゃないか!

f:id:watto:20160211104854j:plain

右端に見えるのが神社の本殿。

f:id:watto:20160211104956j:plain

写真は撮らなかったが、放送局のTVカメラまで来ていたぞ。

すでに火が燃えている。参拝客がめいめいに縁起物を投入しているので…

f:id:watto:20160211105023j:plain

私も。えいっ!

f:id:watto:20160211105059j:plain

これで今回の目的は達成。

もちろんちゃんと参拝しました。今尾秋葉神社というのが正式名称のようだ。

f:id:watto:20160211105116j:plain

えらく立派なカラーのちらしが無料で貰えた。

何と言うか「はてな」界隈ではぜってー嫌われるであろう「田舎のヤンキー」風味。まあ「はてな」で嫌われても痛くも痒くもなかろうが。

f:id:watto:20160211164712j:plain

神社のそばにショッピングセンターがあって一階が食品スーパーだったので、昼食を買って帰った。「五目おこわ」というのと、下のトレイは岐阜県の郷土料理「ふなみそ」である。

f:id:watto:20160211120211j:plain

「ふなみそ」というのは、川魚のフナを、大豆といっしょに赤味噌で骨が軟らかくなるまで煮込んだ郷土料理である。海のない岐阜県では、昔は貴重なタンパク&カルシウムの供給手段だったのだろう。ただし生臭さを消すために味付けが濃厚なので、五目おこわの方の風味が消し飛んでしまった。この組み合わせはちょっと失敗だった。

正午からのイベント本番は見ないまま帰宅したのだが、何をやるのか少し気になった。

自宅(アパート)に帰るときに、ちょっと遠回りになるが寄っていくことができるので、もし間に合いそうなら見に行こうかなと思った。

(この項つづく)