しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを要求しない

参詣

お百度参り五社め(78/100)

週末の半日ほどを費やして、近所の神社に勝手にやっているお百度参りのシリーズである。今日からしばらく猛暑日が続くと、気象庁が異例の臨時記者会見を行ったことがニュースになったほどであった。決して無理はすまい。 今回はトンネル工事をやっている近所…

お百度参り五社め(56/100)

豪雨の被害に遭われた方には、心よりのお見舞いを申し上げます。 うちの近辺は、午前中は時おり雨粒が落ちてくる程度だったので、お百度に出ることにした。 ここのところ新たに読者になっていただいた方が多いので、たまに書いている三箇条を久しぶりに再掲…

お百度参り五社め(33/100)

週末の半日ほどを費やして、近所の神社に勝手にやっているお百度参りのシリーズである。ただし先週と先々週は、ちょっとした用事があったのでできなかった。3週間ぶりである。 あまり意味はないことを自覚しているものの、無意識のうちにいくつか「縛り」が…

お百度参り四社め(100/100)

週末の半日ほどを費やして、近所の神社に勝手にやっているお百度参りのシリーズである。 watto.hatenablog.com 前回のお百度参り記事に、桶狭間の戦いにおける織田方の勝因には、周辺の地形が密接に関係しているんじゃないかという想像を書いた。 しかし、写…

お百度参り四社め(85/100)

昨日(6/2)の記事 で、今週末のお百度参りは来週に延期と書いたが、予定を変更し、今日(6/3)行ってきた。 理由は全く私的なものである。 お百度は週末の半日を充てている。それ以外にパソコン在宅仕事など、やるべきことがあるからだ。 だが今日は、久し…

お百度参り四社め(70/100)

今回は週末でなく、ウィークデーの午後に空き時間があったので、その時間を利用して参拝した。 戦人塚に近い歩道橋の上から、神明社方面を望む。 戦人塚方面を望む。 参拝を始めた時間帯は、戦人塚は光線の角度がよろしくなかったので撮らなかった。 神明社…

お百度参り四社め(60/100)

週末の半日ほどを費やして、勝手にやってるお百度参りのシリーズです。とは言え先週は、天候があまりに悪くパスせざるを得ませんでした。 ルールがあるわけじゃないので、優柔不断に対応しています、と開き直り。 ここ何度かは、『般若心経』、『観音経』、…

お礼参り

pic.twitter.com/65rvhuY6Pw — しいたけ@しいたげられた (@wtnb4950) 2018年5月9日 pic.twitter.com/U2blzhtjXa — しいたけ@しいたげられた (@wtnb4950) 2018年5月9日 pic.twitter.com/3ek6E97c7R — しいたけ@しいたげられた (@wtnb4950) 2018年5月9日 だ…

お百度参り四社め(45/100)

休日の半日ほどを費やして、勝手にやってるお百度参りのシリーズです。 前回の記事はこちら。目下、神明社というところにお参りをしているのだが、気まぐれで百度石代わりの折り返しを戦人塚という史跡に変えて、さらに気まぐれで戦人塚前で『般若心経』を読…

お百度参り四社め(35/100)

近所の神社に、勝手にやってるお百度参りのシリーズである。なぜこんなことをしているか、ときどき書いている三箇条を再掲すると… 医学的には、参詣は病状になんら影響を与えない。難病と闘う方のご家族には、どうか一秒でも一瞬でも長く、そばにいてあげて…

お百度参り四社め(25/100)

近所のありふれた神社に、勝手にやっているお百度参りのシリーズです。 前回同様、ご家族が難病と闘っている方の、「知り合いの神さまがいたらよろしく」というDMと、最新のブログ記事をかざしながらの参拝になります。 目下、参拝しているのは、こちら。神…

お百度参り四社め(10/100)

近所のありふれた神社に、勝手にやっているお百度参りのシリーズですが、、、 すみません、ちょっと訳あって、これまでと参拝方法を変えています。 これまで参拝前にスマホ画面をかざしていたブログを(最近では動画をかざすことが多くなったのですが)、別…

お百度参り三社め(100/100)

近所の何の変哲もない神社へ、勝手にやっているお百度参りシリーズである。 前回の記事から3週間、間が空いてしまった。先週の日曜日(3月25日)、帰国した直後にコンプリートしておこうかという考えが頭をかすめないことはなかったが、さすがに体力的に無理…

近所のありふれた神社とありふれたソメイヨシノ

ニュージーランド短期語学留学記はまだ続きますが、一旦お休みします。 毎年、花見のシーズンにはエントリーを上げている。去年のエントリーは、これかな。 watto.hatenablog.com 気づいたら、近所のソメイヨシノが満開を迎えていた。えらく早くないか? 週…

お百度参り三社め(80/100)

ありふれた近所の神社への、勝手にやってるお百度参りの記録です。 今回はいつものスマホではなく、しばらく使っていなかったコンデジを持って出かけた。量販店で型落ちで安く買った やつだ。 電池の消耗が早いので、前回使い切ったとき、アルカリ電池の代わ…

お百度参り三社め(60/100)プラス一社めと二社め

なんてことない近所の神社への、勝手にやってるお百度参り、次はまた週末のつもりだったが、ちょっとばかりお参りをしたくなったので、予定を早めてみた。 夜中だったけど。雨が降っていたけど。 暗い方が都合がいいのだ。雨が降っていた方がいいのだ。 なん…

お百度参り三社め(50/100)

なんてことない近所の神社へ、週末ごとに勝手にお百度参りを掛けている。先週は何かの都合で行けなかった。仕事の追い込みだったっけか、何の都合が悪かったのかは忘れた。 前回の記事はこちら。 watto.hatenablog.com と言いつつ今回も、回数はあまり稼げな…

お百度参り三社め(35/100)

前回の記事は前置きばかりが長くなって、せっかく新しい神社への参拝を始めたのに、神社の紹介が全然できなかった。 いつものことで、何のことはない市内の神社なのだが。 前回は、他に予定があったりして回数が稼げなかった。急ぐつもりはないといえ、先週…

お百度参り三社め(15/100)

いつも多数のコメントやブックマークコメントをいただき感謝しています。数が多くて全部にはとても応答できません。どうしても、自分の興味、関心に合ったもののつまみ食いになってしまいます。すみません。 前回の お百度参り記事 に、b:id:xevra さんから…

お百度参り二社め(100/100)

八幡宮の祭神である応神天皇と、その母である神功皇后について、何か書こうと思った。 その資料として、日本列島に移住した人類としては比較的古い縄文人と、比較的新しい弥生人の関係について、記事があったはずだと検索したら、幸い記憶に残っているものと…

お百度参り二社め(85/100)

気まぐれで、これまで3回と神社までの経路を変えてみた。 一社めの最後 に貼った写真と、ほぼ同じアングルである。歩道橋の上から撮ったものだ。 この経路は自宅からは少し遠回りになるが、一社目として参拝した神明社には近い。 ご挨拶ってことで、先にこち…

お百度参り二社め(60/100)

前回のエントリー に、今回お参りしている神社のある形のよい小高い丘には、名前がないらしい旨を書いた。あれから地元の知人二、三人に「丘の名前を知りませんか?」と尋ねてみたら、みな知らないとのことだった。 それでふと思いついた。ひょっとしたらこ…

お百度参り二社め(45/100)

引き続き小高い丘の上にある八幡宮という神社に、週末ごとに参拝している。快方に向かっているとのことだが、おうちに帰れる日まで続けるのだ。 なんの変哲もない近所の神社だが、形のよい小高い丘の上にある。地元の人間ではないので、この丘に名前があるか…

お百度参り二社め(25/100)

前回のお百度参りの記事 は、この写真で締めた。この丘の上にある神社が、地図でみると拙宅からは若干近いようだと書いたのだが… わはははは、当然ながら実は知っていたのだ。ここは参拝するとなると、この石段を上らなければならない(^▽^; 急ぐことはない…

お百度参りについて(その3:100/100)

なんでお百度参りをやっているのかを、これまでのまとめ的に、あえて言語化してみる。 まず「その1」で述べた通り、お百度参りは医学的には効能はない。科学的には、お百度参りと病状には、なんの相関関係もないのだ。看病や看護には大変なエネルギーが必要…

お百度参りについて(その2:70/100)

代参というのはアリである。 最初に思いついたのが、講談や浪曲で知られた清水次郎長譚のうち、森の石松の物語である。次郎長の代参による金刀比羅宮参詣からの帰途、敵対する都鳥一家により惨殺され、親分の次郎長がその仇をとるという話だ。のっけから縁起…

お百度参りについて(その1:33/100)

ずいぶんと前のことだ。ことによると10年以上経っているかも知れない。確か新聞掲載のエッセイで、こんな話を読んだ記憶が残っている。 ある女性の幼いお孫さんが、先天性の障害にともなう重い疾病を患っていたそうだ。お祖母さんはお孫さんのために、お百度…

羽島円空資料館(中観音堂)およびOCRソフト「読取革命」によるデジカメ写真のテキスト化について

9月13日付拙記事 のコメント欄に、id:iirei さんから「文字起こしを頻繁にされますが、なにかそのためのツールを使っておられるのですか?」との質問をいただきました。 コメント欄で回答した通り、当方ではパナソニックの「読取革命」というOCRソフトを使っ…

覚王山日泰寺から東山給水塔周辺を散策

この夏に二度ほど京都に行った。その時のブログに、かつて京都に住んでいて、京都から離れたときに「京都ロス」とでも言うべきヘンな感情に襲われた旨を書いた。京都は辻ごと、区画ごとに歴史が感じられるが、他の地方ではそういう感覚が希薄であることを嘆…

一宮七夕まつりの尾張一宮=真清田神社とただの休日の名古屋市袋町お聖天に参拝してきた(後編)

名鉄電車で名古屋に移動したのだが、名古屋駅周辺では一宮七夕まつりの気配が全くなかったことに少し驚いた。探せばポスターの1枚くらいは見つかったかも知れないが。 近隣の町のお祭りには、どこも冷淡というのが一般的な現象なのだろう。 代わりにつか、『…