しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

通りすがりのイチゴ栽培ハウスにて

自転車で帰宅する道すがら、とても甘い香りが漂ってきたので、思わずペダルをこぐ足を止めた。

道路脇の温室で、せっかく育って赤い実をつけたイチゴの苗を、なぜだか摘み取っているところだった。

f:id:watto:20170512132123j:plain

ちょうど作業中の女性の一人が、苗のいっぱいに入ったバケツを軽トラックに運んできた。

「捨てるんですか?」と尋ねてみた。「はい」と答えが返ってきた。

なぜ捨てることになったのかとか、もうちょっとだけ訊いてみたかったが、お仕事中なので遠慮した。

スポンサーリンク