しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを要求しない

季節

桜前線は去ったけど…

弊ブログには珍しく長文を連投したので、ちょい軽めの投稿を。 今年の桜前線は例年に増して足早に去ってしまった。 だがソメイヨシノだけが花じゃない。勤め先の駐車場で、目にも鮮やかな木花や草花を見かけたので、手持ちのスマホカメラで撮ってみた。 ハナ…

近所のありふれた神社とありふれたソメイヨシノ

ニュージーランド短期語学留学記はまだ続きますが、一旦お休みします。 毎年、花見のシーズンにはエントリーを上げている。去年のエントリーは、これかな。 watto.hatenablog.com 気づいたら、近所のソメイヨシノが満開を迎えていた。えらく早くないか? 週…

シーズン前にエアコン清掃を頼んだらよく喋る作業員が来た

次の季節のものは、早めに準備しておくのが暮らしの知恵というものだ。だがたいてい、わかっていてもなかなか実践できない。 何シーズンか前から、エアコンが匂うようになった。シーズン前に業者に清掃してもらおうかなと思いつつ、いつも忘れてシーズンに突…

通りすがりのイチゴ栽培ハウスにて

自転車で帰宅する道すがら、とても甘い香りが漂ってきたので、思わずペダルをこぐ足を止めた。 道路脇の温室で、せっかく育って赤い実をつけたイチゴの苗を、なぜだか摘み取っているところだった。 ちょうど作業中の女性の一人が、苗のいっぱいに入ったバケ…

岐阜県海津市の輪中堤防にあった裸木の正体はヤエザクラだった(後日談シリーズ1)

これから3、4回は、ここ1ヶ月くらいの間のエントリーの、後日談シリーズになるかも知れない。知らないうちに、そういうネタの備蓄ができていた。 その第一弾として、今回はここを再訪した話を。 watto.hatenablog.com 上掲リンク記事の4枚目写真と、ほぼ同じ…

岐阜県海津市の輪中の堤防にあるサクラ並木は「花見の穴場」なんじゃないか

岐阜県海津市北部の輪中の堤防に、花見の穴場と言うべきソメイヨシノの並木がある。 長良川にかかる大藪大橋の付近から、揖斐川にかかる今尾橋の付近まで、輪中の堤防が残っている。その堤防に、ソメイヨシノの若木が断続的にだが5~6kmにわたって植えられて…

3月3日にちなんで安八町の百梅園というところに…って3月3日は桃の節句やないかい!

季節ごとに「花」タグのエントリーを上げている。前回はこちら。 watto.hatenablog.com 去年の梅ネタはこちら。時期がちょっと早かったため、寒かったし開花状況もイマイチだった。 watto.hatenablog.com スポンサーリンク // 今年は、岐阜県の安八町にある…

冬の花は総じて色彩濃厚なものが多い

気鋭のスポーツ系実力派ブロガーである ゴトー (id:hogehoge223)さんの決めゼリフを真似ると、俺は三度の飯より花が好きでな…いやメシの方が好きか、花で腹はふくれない。しかし「花」というタグを作って、季節ごとにスマホのカメラで撮った写真をアップす…

垂直花畑

なんのことはない、ビルの壁面に網を掛けてアサガオを這わせているのだが、見事に咲いていたのでスマホで撮ってしまった。 スポンサーリンク // 西側なので、夏場は西日を吸収させて冷房効率を上げようというのだろう。いいアイデアだなと思った。 でももう1…

“いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス 2016” というのをやっていた

前回のエントリーに書いたおちょぼさんに向かう道すがら、たまたま “いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス 2016” というのをやっているのを見かけたので、車を停めて写真を撮った。 道すがらというものの、長良川という一級河川を隔てた対岸である。 ス…

英会話教室がハロウィンカラーに染まるのを見てそゆえば日本の行事は色と結びついてないなと思った

通っている英会話教室の中身が、今月に入ってからハロウィン用デコレーションでいっぱいになった。 スマホで写真を撮らせてもらった。スタッフに断ったところ、口では「こんなものでよければ構いませんよ」と言ってくれたものの、顔には「何言ってんだこいつ…

キンモクセイ

ひっそり公開。香りがすごいと思ったら満開だった。 スポンサーリンク // 接写。 こういうことも、たまにやります。これとか… watto.hatenablog.com これとか。 watto.hatenablog.com //

夏の花二題

いつものスマホで撮った写真です。 サルスベリ ヒマワリ サルスベリ 実家の庭に咲いていた。身内から「撮ってくれ」と言われたので撮った。 角度を変えてもう一枚。 スポンサーリンク // ヒマワリ 実家から自宅に戻る途上で、何かやっているのをたまたま見か…

桜関係の小ネタを2題

(その1)残念桜 実家の近くで見つけた。この角度から見ると立派な桜なのだが… スポンサーリンク // 真横から見ると、実はとても薄い敷地に立っている。写真からおわかりいただけますでしょうか? もう一枚。 (その2)今さらながら新聞記事の切り抜きです…

紅葉

ドウダンツツジというのだそうだ。 スポンサーリンク // 角度が違うだけで同じ木です。 //

小ネタの在庫処分

電車の中でGoogleマップを見てると面白い! ギアはタブレットNexus7+Pocket WiFi LTE。縮尺によってはリアルタイムで現在位置が動く!理屈はカーナビと一緒だから驚くにはあたらないのかも知れないが、結構楽しめた。普段目にする河川や建物の名前がわかる…

某所の「道の駅」で焼き栗を食べたら

美味しかったことは美味しかったんだけど、強烈な季節の違和感が…当たり前っちゃ当たり前すぎることだが、焼き栗の風味は絶対に秋のもの、この季節にはふさわしくなさすぎる。 ここの「道の駅」は焼き栗が名物の一つらしい。何年か前、ちょうど旬の時期に食…

薬の飲み終わり

花粉症を薬で抑えている。ありがたいことに、ありきたりの市販薬が効いてくれる。花粉量ピークの何日かを除いてだが。 毎年悩むのが、いつ服薬を止めるかである。ピークを過ぎると自覚症状がほぼなくなるので、薬が要るのか要らないのかわからない。内臓に負…

見えないものに対する恐怖

実は「空気清浄機を買う」と題した前回のエントリーを書いた直後に、服薬を始めてしまった。しかもいきなり「薬を飲んでもくしゃみ鼻水が抑えられないモード」に突入していた。 それまで寒かったのがいきなり暖かくなったから、花粉の飛散もラッシュだったの…

春立ちて一雨ごとの暖かさ

…どころじゃないな。今朝は寒くて目が覚めたぞ!

イルミネーションのおすそわけ

12/6の日記に書いたイルミネーションを、携帯のデジカメで撮影してきた。 まずは社長宅。「タバコ禁止」とか注意書きが出ていたが「写真撮影禁止」とは書いてなかった。 1枚で収まりきらない。前庭。上の写真の右側に当たる。 正面から。こんな家に住みたい…

クリスマスイルミネーションな話

深夜の怪しいジョギングは、いつもこの時期はクリスマスイルミネーションで有名な某社長宅前まで走っている。今しがたGoogleマップにモノサシを当てて計ったら、往復約4km。 で、社長宅の向かいに、市の文化会館という施設があるのだが、今年はそこの敷地内…

月日の経つのは早いもので

クリスマスイルミネーションで思い出したので、ついでに書いてしまう。参考書を買うために書店に入ったら、年賀状ムックが所狭しと平積みにしてあった。 毎年のこととはいえ、気の早いことだ。

深夜の怪しいジョギングの話

市内にある某全国チェーン店社長の邸宅まで往復している。このお宅は、クリスマスイルミネーションで有名なのだ。有名といってもあくまでローカルな話だが、それでも近隣の市町村まで聞こえているとかいないとか。 寝違えを口実に3〜4日サボったが、再開した…

衣替え

…たって秋冬物のシャツとズボンの段ボール箱を引っ張り出しただけだが。セーターはさすがにまだ早い。それが2〜3日前。 それまではペラペラの夏物を着ていた。一応、長袖だが。 そうしたら、途端に寒くなって、あわてて上着も出して引っかけた。 深夜の怪し…

晴|日記

授産施設でボランティア最終日 4月からスケジュールの都合で続けられなくなるので、とりあえず今回が最終回。半年以上先にまた再開するかもしれないけど。 私にどれほどのことができたかわからないが、私にも居場所を与えてくれたということで、どっちかとい…

大川玲子『聖典「クルアーン」の思想 イスラームの世界観』(講談社現代新書)

聖典「クルアーン」の思想――イスラームの世界観 (講談社現代新書)作者: 大川玲子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/03/21メディア: 新書購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見る第二章「預言者たちとクルアーンに先行する諸啓典」がい…