しいたげられたしいたけ

今からでもオリンピックを中止しろ! 大勢の人が死ぬぞ!

今さらながらカーナビを買う

あまり車に乗るほうではないが、仕事とかで使うときにはきっちり使う。
バッテリーがへたって来たなと感じた。セルモータを回すのが、いかにも重たげだ。
以前に交換したのは5年ほど前だったと思う(ブログに残してなかった。残しておけば参考になったのに)。
バッテリー切れは2度ほど体験しているが、いずれもえらく難儀をした。バッテリーの寿命を見極めるのはシロートには困難だ。転ばぬ先というやつで、思いたったのを機会に交換してしまうことにした。
で、近所のオートバックスに行った。
こ〜ゆ〜時に「一番安いのを買う」というのは私の不変のポリシーだが、ローエンドは品切れだそうで、店員さんが「今ついてるのよりはワンランク高級ですが」と言いながらつけてくれたのは8,980円。高いのか安いのかわからんが、一応ぶつぶつ言っておこう。ぶつぶつ。
交換の間、店内をぶらぶらしていたら、カーナビ売り場で、正価59,800の商品が「本体にキズあり」とかで29,800で売られているのを見かけた。
道路地図で十分用が足りているので、正直カーナビがどうしても欲しいと思ったことはない。しかし、何となくこの機会を逃すと当分(下手すると一生)カーナビには縁が無いと思ったので、衝動買いしてしまった。
ここんとこ買い物日記ばかりやな…
実物。

ディスプレイ枠のキズというのは確かに気にならないわけがないが、こんなことでもなきゃ絶対に買わなかっただろうな。これだけで3万円引きの約半額というのは、日本人の律儀さというか商品に対する要求スペックの高さというか…外国のことは全然知らないけど。
おおっ、付属機能のワンセグというのが、予想以上にキレイだぞ!実はうちのテレビ地デジ対策がまだ終わってない。取り外し持ち運びが意外と楽なので、アナログ放送が終わったらテレビはこいつで観ようかな?どうせニュースぐらいしか観ないんだし。
というのはおいといて、実際に使用してみた感想。慣れない道を走っているときに、曲がる道を一本間違えると、かなり苦労する。曲がるのが遅れても早すぎてもいけない。私が買った機種は、主要な交差点に近づくと道路標識がディスプレイの半分くらいを使って「ばーん!」と表示されるので、そういう間違いが少なくなりそうなのは助かる。
こんなの。

それでも間違えたけどw
だけど間違えたあとで挽回するときにも役に立った。
短くまとめると、無くても済む。だけどあると便利。
なんだかそういう商品って、多いよね。携帯電話もそうだし、オートマ車もそうだし、洗浄機能つきトイレなんかもそう(最後のは、うちにはないけど)。で、「あると便利」に慣れちゃうと、今度はそれが無いときに不便を感じるようになるのだろう。まれに故障すると軽くパニックするし。
そういうモノが増えることによって、我々の生活は豊かになっているのだろうかと考えると、少し考え込んでしまう。