しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

結局パワー不足の無線LAN中継器TP-Link RE200はAmazonに返品し余勢でもう使わない無線LANルータ他を処分した

前回のエントリーの続きです。要旨を短く書くと、ローエンドの無線LAN中継器 TP-Link RE200 はパワー不足で接続が不安定だったので、ワンランク上位機種のTP-Link RE305 を買い直したら満足できる接続が得られたということです。

www.watto.nagoya

余った TP-Link RE200 をどうするかは、ぐずぐず考えようと思っていた。ところが何かのはずみで Amazon の購入履歴を見ていたら、なんと返品期限まであと1日しかないことに気づいた! なんたる偶然!

こりゃ、迷ってるわけにはいかないじゃないか。そういえば Amazon で返品した経験なかったなと思い、例によって手順を自分用メモとして残すことにする。

ただしスクリーンショットは、いつものごとく後から再現したものだ。RE200 は手続きが終わってしまっているので、RE305 を使って再現した。こっちは返品しないよ。

 

購入履歴を表示させると、返品可能なものについては「商品の返品」というボタンが表示される。

「返品期限」が下の方に表示されている。これが目に留まったのだ。

f:id:watto:20180608211319p:plain

 

「商品の返品」をクリックすると、返品理由を選択するドロップダウンリストが表示されるので、今回の場合「性能や品質が良くない」を選択した。

f:id:watto:20180608211253p:plain

 

「次に進む」をクリックすると、返品の具体的な理由を200字以内で記入するよう求められた。

f:id:watto:20180608211249p:plain

うちの環境ではパワー不足で快適な接続が得られなかった旨を書いた。言わずもがなかと思ったが RE305 を買い直したことも書いた。

 

詳しい返送手順書と、返品するときに同梱するIDとバーコードが記入されたシートの、合計2Pを印刷するよう求められた。

IDとバーコードのシートは、こんなの。アマゾン市川センターの住所は周知かもだが、一応隠した。バーコードも隠した。

f:id:watto:20180608211245p:plain

 

これらを市内の宅配業者の営業所に持って行った。「国際宅急便を送った」旨を1ヶ月半前に書いたのと同じところだ。

f:id:watto:20180608211240j:plain

 

手ごろな箱を入手する時間がなかったので、有料で購入した。高っかいなぁ…

f:id:watto:20180608211232j:plain

高いと言えば、ネットで買い物をするとき「配送料無料」というのに慣れてしまっているが、自分で送るとなると、宅配便の送料って、高いんだよね。

Amazon に限らずネット通販業者は、どういうカラクリで配送料無料を実現しているんだろう? 改めて考えると不思議だ。

まさか宅配業者は、個人客から搾取してネット通販業者に貢いでる、なんてことはないよね?

スポンサーリンク

 

ときに、プロバイダが無線LANルータを交換したら使えなくなったと書いたNEC製中継器以外にも、機能的には完動するが、規格が変わったためもう使う機会のない無線LANルータやスイッチングハブを、いくつか持っている。IOデータ製、COREGA製など。

この際これらも処分してしまおうと思った。余勢をかってというやつだ。

f:id:watto:20180608211130j:plain

無線LANルータと言っても、プロバイダが提供するモデム内蔵ではなく、モデムに有線で噛ませるタイプのものばかりだが。

ほんの何年か前までは、そういうものを使わないとワイヤレス接続できなかった。だから、どれもそれなりに使っていた。

左下のひときわ大きいIOデータ製のは、写真は撮らなかったがパッケージも残っていて、保証書の日付印は2012(h24)年5月だった。6年前か…短いよね。

 

ひっくり返すと、それぞれ他人に見せちゃいけない情報が書いてあって、面白い。

もう使う機会はないので、もはや見せたってかまわないのだ。

f:id:watto:20180608211124j:plain

 

どうしようかとちょっと迷ったが、自治体が契約しているリサイクル業者のところに持って行くことにした。車だと自宅から5分もかからないところにあり、よくブログのネタにする。前回は ほぼ1年前 だったかな?

f:id:watto:20180608211114j:plain

 

関係薄いけど、着なくなった古着がいくつかある。ピンクの袋は、うちの自治体のごみ袋だ。

f:id:watto:20180608211119j:plain

これらも処分しないで何年ぐずぐずしていたんだろう? しかも確認のため袋を開けたら、何点かは「別のことに使おう」と取り出してしまった。私の性格上、見ちゃダメなのに!

こういうものも同じ業者が引き取ってくれることを知っていたので、一緒に持って行った。

 

回収場所はコンテナハウスみたいなところの中にあった。雨除けなのだろう。

f:id:watto:20180608211108j:plain

布や古紙は雨除けがあるのに、小型家電は雨ざらしだったのが、ちょっと物悲しかった。繰返しになるが、規格が変わったのでもう使えないというだけで、機能的には完動するものだったので、余計にそう感じた。

これを書いている今現在、外は激しい梅雨の雨である。

 

追記:(6/9)

本日夜、Amazonより返金の確認メールが届いた。手続きはこれでよかったみたい。ありがたい。

スポンサーリンク