しいたげられたしいたけ

拡散という行為は、元記事の著者と同等以上の責任を拡散者も負う

二冊

鄭和の南海大遠征―永楽帝の世界秩序再編 (中公新書)

鄭和の南海大遠征―永楽帝の世界秩序再編 (中公新書)

歴史ファンとして好きなのは日本史の他に中国史、それも近現代はどちらかというと苦手で古い時代のものが好きである。だが元朝あたりはちょっと疎遠だったかな。それと日本にとってイスラムは他者だが、中国にとっては古くからの腐れ縁的な隣人なのだなとあらためて気づかされた。

極楽TV (新潮文庫)

極楽TV (新潮文庫)

再読。何度も声を出して笑った。愛川欽也氏とか萩本欽一氏とか多くの人物が実名を出してこきおろされている。ブレーク直前の竹中直人氏に関する記述も興味深い。才能のカタマリみたいな人らしい。この本に記述されるテレビ界の状況はもう20年近くも前のものである。そのころは私もテレビをよく見ていたらしく、書いてあることがだいたいピンと来る。最近はテレビをほとんど見ないから、最近の状況について書かれた本は読んでもきっと面白くないんだろうな。