しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

Windows8でCD-Rを書き込むときの備忘メモ

ブログには書かなかったがWindows8でCD-Rを焼こうとしてうまくいかなかったり、少し間をおいてまた焼こうとしたら焼けたりで、ワケワカメだったことがある。原因は、気づいてみたら、たいしたことではなかった。

スポンサーリンク

 

エクスプローラの「共有」タブに「ディスクに書き込む」というボタンがあるが、こっちを使っちゃいけないんだ。

f:id:watto:20130817154226p:plain

クリックすると、エラーになる。

f:id:watto:20130817154249p:plain

だが本当にディスクが壊れているのではない。「管理」タブにある「書き込みを完了する」ボタンのほうをクリックすればいいのだ!

f:id:watto:20130817154320p:plain

 Windows7以前でおなじみのメッセージが表示されて…

f:id:watto:20130817154339p:plain

ちゃんと書き込みが始まる。

f:id:watto:20130817154454p:plain

書き込み完了。他のマシンでも読めるのを確認した。

f:id:watto:20130817154542p:plain

 「共有」タブの「ディスクに書き込む」ボタンが本来なんのためにあるのかは、今のところ私は知らない。Windows7以前には、こんな紛らわしいボタンついてたっけ?

追記:

どうもこういうことらしい。

「管理」タブは、書き込み可能ディスクをエクスプローラで開いたときだけ表示されるタブで、一方「共有」タブは、常時表示されるタブの一つのようだ。

「管理」タブの「書き込みを完了する」ボタンは、ドラッグ&ドロップ等によって書き込み可能ディスク上に表示されているファイルやフォルダを本当にディスクに書き込むものだが、「共有」の「ディスクに書き込む」ボタンは、どこ表示中であれ現在のエクスプローラ上で選択されているファイルやフォルダを、書き込み可能なディスクに書き込むものらしい。

つまり「書き込みを完了する」ボタンは“このディスクに書き込む”という意味で、「ディスクに書き込む」ボタンは“このフォルダとは別のディスクに書き込む”という意味のようだ。

だから、書き込み可能ディスクをエクスプローラで表示した状態で「ディスクに書き込む」を選択すると、エクスプローラに表示されているファイルやフォルダはまだディスク上に実体が存在するわけじゃないから、エラーが表示されるというわけだ。エラーメッセージの内容が適切かどうかは別問題として。

すみません、以上はまだきちんと検証したわけじゃないので、間違っていたらごめんなさい。

Windows7エクスプローラは、そもそもリボンインタフェースじゃないから「共有」タブ自体がなかった。