しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることにより人権を守ろうとする試みは歴史的に全て失敗した

久しぶりのボランティア@京都亀岡

さすがに疲れたので、とりあえず今夜は写真だけアップして、文章はあとで付け足します。

(追記:「ボランティアは人間のやることだからピュアなものではないし、ピュアでなければいけないと考えているわけでもない」とか何とか、あらずもがなの文章を頭の中で練ってはいたのですが、日が変わって改めて見直すと、写真ばっかりでもこれはこれでアリかなという気がしたし、スターも貰っちゃったので、文章の追加は少なめにしときます)

ボランティアセンターの目印となった「ガレリアかめおか」。道の駅だそうです。

(追記:手前の看板と背景の建物の色が似ているため、すげーわかりにくい写真になってしまっています。「ガレリアかめおか」の写真はネットにいっぱい上がっているので、いまげぐぐってください。ボランティアセンターへの言及が多めなのは、「ボランティアに参加するためにはボランティアセンターに着いてしまえばなんとかなる」という認識があるからです)

f:id:watto:20130923091821j:plain

ボランティアセンター。

(追記:オレンジ色のベストみたいなのを着用しているのはボランティア応募者です。センターの人は「ビブス」と呼んでいました。いらんことですが「ビブス」をぐぐったら、ブラウザに表示される広告が一気にビブスだらけになってしまい少し怖かった)

f:id:watto:20130923093104j:plain

 今回の現場。林道だそうです。

(追記:林道とはいえ地元の人にとっては重要な道路だそうで、優先的に処置したいということでボランティアが投入されたと聞きました)

 f:id:watto:20130923104902j:plain

 側溝の泥かきをやりました。

(追記:前の写真に写っている重機がさすがのパワーで、ボランティアは重機でできないところのサポートです)

f:id:watto:20130923111511j:plain

まだ済んでいないところ。

(追記:民家の片づけのお手伝いとかだと、写真撮影は嫌がられることが多いので普通は禁止です。しかし今回は近隣住民がいないので撮り放題でした。いいのかな?)

f:id:watto:20130923123653j:plain

土砂崩れで道がふさがれている。

(追記:短い距離いでしたが、腰近くあたりまで土砂が溜まっていました。このへんは写真では伝わりにくいところ。頭の中で考えたブログ文案では「写真では伝わらないことを体験できるのがいいのだ」というオチにするつもりでした)

f:id:watto:20130923123718j:plain