しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない。

成田山犬山別院大聖寺に参拝してきた

「行楽」タグつけてるの参詣ネタばっかりやな。でもここも行っときたかった一つなのだ。愛知近辺では、交通安全祈願で有名なところなので。車の祈祷とかお祓いとかは、実はこれまでの人生で一度もやったことはないのだが、まあ見るだけでも見ておこうというわけで。
最寄り駅の名鉄犬山遊園駅から徒歩5分。
参道。中央が歩道。でもって左右が車道で、車がびゅんびゅん通る。

正門。立派。山麓にあるので階段がきつい。

正門左手に大きな駐車場があり、駐車場奥の建物で祈祷をやっていた。建物の中央が祈祷をやる場所で…

向かって左側が受付だった。ちなみに右側は休憩所。うどんなど軽食をとることもできた。

建物内部での撮影は遠慮した。張り紙によると祈祷は朝の7時から夜の7時まで30分刻みでやっている。数えると1日25回! 祈祷を受ける参詣者が、本当にひっきりなしにやってくる。祈祷料を頭の中で掛け算すると…そういう想像はやめておこう。
さらに階段を上って本堂へ。

振り返ると、犬山城(国宝)と犬山市街が一望できる。

本堂。

本堂右手の建物。ここでも祈祷受付をやっていた。どう違うんだろう?

本堂の左手から境内(?)の外に抜けることができる。
本堂の裏手に、本尊の不動明王とその眷属の像。この色は陶器製だろうか? それともメッキか何か? 私にはわからない。

36体並んでいると、ちょっとした壮観。

なぜか大仏様も。阿弥陀如来だ。不動明王のご本地って大日如来じゃなかったっけ?

木曽川の水鏡に鵜沼駅周辺の市街が映って、絶景。

お土産に犬山名物の「きびだんご」というのを買った。犬山市も数ある桃太郎伝説の伝承地の一つだそうで、桃太郎神社というのもあるそうだ。

食べてみたら、「だんご」じゃなくて黄粉味でヌガーのような食感の柔らかい飴で、たいへん美味だった。近所でも売ってたら買ってしまいそう。