しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう知的とは体を動かさない程の意味で知能の優劣のような含意は一切ない

北村薫『覆面作家の夢の家』(角川文庫)

覆面作家の夢の家 (角川文庫)

覆面作家の夢の家 (角川文庫)

覆面作家シリーズ最終巻。最後の話の謎を解くのが探偵役じゃないという演出は、ちょっといいと思った。
そうか、登場人物が成長すると、いつか物語世界は終わってしまうんだ。物語世界を終わらせないためには、登場人物に歳をとらせないしかないのかな?栗本薫が終わらない物語を書くんだ(うろ憶え)という意味のことを言って『グイン・サーガ』シリーズに着手したのをなんとなく思い出した。
素敵な、だけど(読者の私にとっては)ちょっぴり切ないラストでした。
スポンサーリンク