しいたげられたしいたけ

選択的夫婦別姓の早期実現を求める

しりあがり寿『表現したい人のためのマンガ入門』(講談社新書)

マンガ入門 (講談社現代新書)

マンガ入門 (講談社現代新書)

著者は、なんだか気になるマンガ家さんの代表格である。
こういう人の秘密を知りたいと思って読んでみた。いや、著書を読んだからってどんな秘密がわかるのかという自己ツッコミはおいといて。
美大を出て、サラリーマンとしてキリンビールに13年も籍を置いた人なのだそうだ。へぇー。まあ、このくらいの話は業界人の間では周知なのだろうけど、私は知らなかった。
別にサラリーマンを長くやったからいいというものでもなくて、例えば自分の職場以外の世界があるということに対する想像力の鈍さとか、いろんな弊害はすぐに思いつくのだけど、著者の場合、サラリーマン生活というものが、何と言うのか、破天荒な発想を連発しても軸足がぶれない、自分の発想に自分が振り回されるということのない、実生活のリアリティみたいな確固たる土台を固めるのに寄与しているのではないかという気がした。