しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

しゃべる商売のくせにしゃべるのが下手である

今期も副業先の4ヶ月間の季節工生活が本格的にスタートした。本業とかけもちのため、拘束時間が一気に長くなるが仕方がない。
仕事が始まるといつも思うのだが、私は本当にしゃべるのが下手である。今の言葉で言う「噛む」というやつで、トチリや言い間違いが実に多い。「噛む」ことが重なると、自分から聞き手へ情報を流すコードが、すぽんと抜けるのを感じる。そして一旦引き抜かれたコードをつなぎ直すのは、実にやっかいなのだ。
先日など、終了時間が来てやっとコードが抜けたままになっていることに気づいて、愕然とした。早くカンを取り戻して、ちっとはマシな状態にしなければ…