しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを要求しない

児童相談所虐待対応ダイヤル「189(いちはやく)」について

児童相談所虐待対応ダイヤル「189」とは・・・

  • 虐待かもと思った時などに、すぐに児童相談所に通告・相談ができる全国共通の電話番号です。
  • 「児童相談所虐待対応ダイヤル「189」」にかけるとお近くの児童相談所につながります。
  • 通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は 守られます。

≪中略≫

子どもたちや保護者のSOSの声をいちはやくキャッチするため、令和元年12月3日(火)午前8時30分より、通話料を無料化しております。

f:id:watto:20200917214313p:plain

f:id:watto:20200917214324j:plain

f:id:watto:20200917214335j:plain

※ 一部のIP電話はつながりません。

児童相談所虐待対応ダイヤル「189」について|厚生労働省 より

すみません、今回もツイッター貼り付け用です。怒られたら消します。

 

直近にツイッター界隈で話題になったというか炎上したネタなので、ご存知の方も多いかもしれません。とある炎上系投稿者がアップロードした、内縁の夫が幼児に暴行している場面の動画が、数多くリツイートされました。もちろん批判のコメントが多かったのですが。

その後、投稿者が謝罪コメントを公開したようですが、通報案件であることに変わりはありません。

ただリプライやリツイートを読む限り、通報ダイヤル189(いちはやく)の知名度は高そうではありませんでした。

おせっかいながら厚生労働省サイトのURLを何か所かに貼り付けたのですが、見え方はこんな感じでした。

 それで今回も、サムネにインパクトのある画像が表示されるように、自ブログにエントリーを上げることを思いつきました。

「今回も」というのは、過去に以下のようなエントリーを公開したことがあったからです。

www.watto.nagoya

www.watto.nagoya

いずれも貼る機会がないほうがいいなと思いながら、何度か貼る機会がありました。

しかし今度という今度は、本当に貼る機会がないほうがいいです…と言いつつ去年「書籍寄贈の旅」シリーズというのを書いたとき調べたところによると、児童虐待に関しては身の毛がよだつような統計を見つけて、少なからず精神にダメージを負ったことを思い出しました。

当該ページへのリンクを貼ります。上掲の厚労省のページからもリンクが貼られています。

www.mhlw.go.jp

追記:

今回もツイートの見え方の確認です。 そして今回も、厚労省にはツイッターにリンクを貼ったときに最初からこんなふうに見えるようにしてほしいと思いました。

 スポンサーリンク