🍉しいたげられたしいたけ

NO WAR! 戦争反対!Ceasefire Now! 一刻も早い停戦を!

メーラーOutlookの受信プロトコルIMAP4とPOP3を併存させてしまった!

しつこくパソコン引っ越しネタです。何回やるんだと突っ込みが入りそうだが、機会あるたび繰り返している通り弊ブログの主目的は自分用メモであり、とりわけメーラーの設定は最重要事項の一つなので開き直らせていただく。

ただし本エントリーの結論めいたものを最初に書くと、受信プロトコルIMAP4とPOP3を併存させてしまった場合、POP3設定が「□サーバーから削除する」になっていたら「□サーバーにメッセージのコピーを残す」に変更したほうがよさそうだ、ということである。間違っていたらごめんなさい。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

ネットではHotmailまたはGmailを登録することが多いが、仕事用と個人用にはBiglobeのメールアカウントを使用している。メーラーはOutlookだが、再生パソコンの設定はMicrosoftアカウントにログインしておけば最初にOutlookを開いたとき自動的にやってくれた。その旨は1月12日付拙過去記事に書いた。

www.watto.nagoya

 

メーラーの設定を、一定期間を過ぎたメールをサーバーに残さないよう変更しなければならないことをうろ覚えで記憶していた。

私自身が遭遇したトラブルではないが、昔パソコン教室をやっていたときのクライアントさんでメールボックスの容量を超過したため新しいメールが受信できなくなった人がいたのだ。設計図のようなサイズの大きい画像データを、ひんぱんに送受信している人だった。

 

設定変更の方法はOutlookの「ファイル」タブをクリックして「アカウントの設定」を選択…あれ? 受信プロトコルPOP3じゃなくてIMAP4に変わってる??

プロトコル(通信規約)というのは、コンピューター同士がデータ通信するときの決まりごとである。メールの送信時と受信時は別々のプロトコルが使用され、送信にはSMTPが使われるが受信時にはPOP3またはIMAP4が用いられる。IMAP4のほうが新しく高機能である。ただし一旦設定してしまえば、ユーザーは意識することなく使用できる…とパソコンに詳しくない人用におおざっぱな説明を置いときます。パソコンに詳しい人は、私が間違ったことを言っていたら突っ込んでください。

 

話を戻して、メールをサーバーから削除するためには確か「変更(A)...」をクリックすればよかったはずだが…項目が見当たらないじゃないか!?

 

こちらが引っ越し前の古いパソコンから同様の手順で採取した、POP3のダイアログボックス。「サーバーから削除する」という項目が確かに存在する。

7年半ほど前に古いノーパソを入手したときはBiglogeはメーラー自動設定未対応であり、手動で設定した記憶がある。受信プロトコルはPOP3であった。一つのメールボックスにIMAP4とPOP3でアクセスすることになるわけか? 何かまずいことは起きないか? つかこまごまとしたヘンなことはすでに体験しているが、面倒なので詳細は省略する。

 

いろいろぐぐってにわか勉強した。再勉強というべきか? 再を名乗るほど知識が身についてるわけじゃないな。

ChatGPT 3.5とのやりとりが要約として便利だったので、テキストをコピペさせてもらおう。

User
同じメールサーバーに2台のパソコンからPOP3とIMAP4という別々のプロトコルで接続したとき、起こりうるまずい問題点を教えてください。

ChatGPT
同じメールサーバーに2台のパソコンからPOP3とIMAP4で接続する際には、いくつかのまずい問題点が発生する可能性があります。以下に、その主な問題点をいくつか挙げてみましょう:

1.メールの同期の不整合:

・IMAP4はメールサーバー上のメールボックスを同期するため、複数のデバイスで同じメールボックスにアクセスしても同じ状態を維持します。一方、POP3はメールをダウンロードするとサーバー上から削除されるため、デバイスごとにメールボックスの状態が異なることがあります。例えば、一方のデバイスでメールを削除した場合、もう一方のデバイスではメールが残っている可能性があります。

「2. メールの重複 3. 受信トラブル 4.スパムフィルタの異なる動作」と続いたが省略。2. と 3. は内容的に 1. と大差なかった。

 

ふむ、私の理解に大きな間違いはなさそうだ。ならばこれまでメールのバックアップはローカルにのみ残していたが、メールサーバーとローカルに同期して残すように考え方を変えればいいってことか。大げさな横文字を使うとパラダイムシフトってやつだな。

 

古いノーパソのバックアップを「ファイル」タブ→「開く」→「インポート/エクスポート」で採取した。容量は約7年分で約1.5GBだった。

 

Biglobe会員サポートによると、同社のメールボックスは5GBとのこと。単純計算して約30年は持つってことか。心配するとしたら別のことを心配すべきであろう。

support.biglobe.ne.jp


ということでIMAP4をメインで使うことを想定して、POP3のほうの設定を「□サーバーから削除する」から「□サーバーにメッセージのコピーを残す」に変更した。

サーバーには旧POP設定の14日分が残っていた。ここから再カウントだ。

これでいいかどうかは、しばらく運用して様子を見る予定。つか古いパソコンは調子が悪いので、仕事の閑散期に入ったらリカバリーかけてみようと考えている。

 

ついでにHotmailとGmailのメールボックス容量も調べてみた。

Hotmai無料版は15GB…

support.microsoft.com

 

GmailはGoogle ドライブ、Google フォト込みだがやはり15GBという数字が表示された。

support.google.com

 

してみると今どきはメールをローカルに保存するというのは時代遅れで、クラウドと同期が主流のようだ。メーラーのインポート&エクスポートは面倒なので、むべなるかな。つか、またしても時代から取り残されていたと自覚するべきかもしれない。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています