🍉しいたげられたしいたけ

NO WAR! 戦争反対!Ceasefire Now! 一刻も早い停戦を!

安祥城址公園(安祥文化のさと)を散策した

久しぶりの散策ネタである。初めての場所で人と会う約束があり、遅れちゃいけないと少し早めに出た。落ち合う場所には余裕を持って着いたので、待ち時間を利用して周辺をうろうろした。大寒の期間であるにもかかわらず、春とまごう暖かな日だった。ありがたいけど少し気味が悪い。

安祥城址公園とブログタイトルしたが、あとで出てくる絵地図によれば歴史博物館、市民ギャラリー、公民館などの施設とまとめて「安祥文化のさと」と称しているらしかったのでカッコに入れた。

安城市は拙宅から近いにもかかわらず、名古屋鉄道南安城駅の西側にある同市中心部の方ばかり行って城址公園のある東側には行ったことがなかった。

 

安城市歴史博物館の電柱広告。初めての場所なので、こういうものがあると助かる。

 

さらに少し歩くと、看板が出ていた。

 

安城市歴史博物館の石刻門標。あとでGoogleマップで確認したところ、このあたりが敷地のほぼ北端のようだった。

 

ただし手前の建物は公民館で、歴史博物館は奥の大きめの建物である。

 

上のスマホ写真を撮った位置から振り返ると「風呂井」という井戸があった。

 

覗いてみた。ここを水源とする水路が、公園敷地に張り巡らせたように流れていた。

 

歴史博物館エントランス。

歴史博物館の企画展は期間前で準備中であり、常設展のみ入場可能だった。

いつだったか三重県総合博物館に行ったとき企画展やってなくて常設展だけ見、後日企画展と常設展を見たことがあった。その時の感想は「常設展だけ見るのは、やっぱりつまらない」ということだった。そんなでこの日は入場しなかった。

これだけ近いのだから、きっとまた見に来る機会あるだろう。

 

上の写真左側に見切れたあたりに立っていた、安城市の観光マップ。

 

エントランスを通り抜けたあたりに、ストーンヘンジのような橋杭岩のような石柱が並んで立っていた。なんだこれ?

 

背面からも撮ってみた。あとで出てくる案内図によると「風土記の舞台」と言うらしかった。

 

2枚上の写真の背景に移っている建物。安城市民ギャラリー・安城市埋蔵物文化センター。

 

こちらの企画展。市出身の写真家さんの展示会のようだった。入場無料とのことだったが、待ち合わせの時間に不安があったので入らなかった。

 

敷地南端あたりにあった、なにやら巨大なモニュメント。やはり後で出てくる案内書きによると「笙の塔」というようだった。

 

南側入口。

 

上の写真の右側にあるマップ。安祥城の本丸跡は大乗寺という寺院、二の丸跡は八幡社という神社になっているとのことだった。

 

2枚上の奥に見える市民憲章。

気まぐれで手起こししてみた。

 安城市民憲章

 わたくしたちは

たがいに助け合い住みよいまち
 をつくりましょう

きまりを守り良い
習慣を育てましょう

自然を愛しきれいな水と
みどりのまちをつくり
  ましょう

教養を高め若い力を
 育てましょう

健康で明るく楽しい
 家庭をつくり
  ましょう

采邑 神谷幸子 かく

ぐぐったところ揮毫者の神谷幸子さんは安城市在住の書家、采邑〔さいゆう〕というのは同氏の号のようだった。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

敷地の外周を、反時計回りに半周した。

幟の文字は「家康の運命を変えた安城合戦」。

 

「若き家康と戦った三河一向一揆」。

 

児童公園。さきのマップによると「わらべの広場」と呼ぶらしい。

幟の文字は「家康公天下への始まりの地」。明らかに去年のNHK大河ドラマ『どうする家康』を意識していることが見て取れる。つか愛知県のはしゃぎっぷりは、すごかった。大河ドラマ何べんも何べんもやってるだろ。

つかagain大河ドラマ舞台の偏りは、恵まれている地方の住人であるが(あるがゆえ?)気になっている。このところダブル主役というのが多いから、北方太平記の『破軍の星』『武王の門』あたりを原作にすれば、東北と九州が一気に扱えるじゃないかと考えたりするのだが、南北朝モノはやりにくいのかな?

あと夏目漱石なんか、もはや大河で取り上げておかしくない時代の人物だと思うが、もし主役に据えたら熊本とか愛媛とか大河過疎地がいくつか解消できるのでは、なんてことも考えた。

私のこういう妄想が現実になったためしはないことは、何日か前にも書いた。

 

遊具越しに見た笙の塔。光線の角度がいちばんよかったので貼る。

 

二の丸跡地の八幡社。立派!

 

由緒書きが刻まれた石碑。

これも手起こししてみた。

 由緒略記
一 神社名 八幡社
一 鎮座地 安城市安城町城堀七一番地
一 祭神 應神天皇
一 由緒と沿革
文明一一年(一四七九年)松平親忠がその父信光の命を受け岡崎より来りて安祥城主となり 八幡宮を城中に創建し鎮守の神と崇め奉る 歴代の城主皆尊崇厚く 清康の子広忠の如きは祈って奇異の霊験を蒙り その子家康の危急を救済せられたと伝えられる
天正元年(一五七三年)安祥城廃城の後は 東尾一村の氏神となり累代の領主も名々崇敬し 殊に領主稲垣数馬は延宝五年(一六七七年)新畑高三国一斗十七升五合を寄進す
然れども幾星霜を経て右地所未祥となり 村民一同毎年同石高を奉納して怠らず祭典の資とする
明治五年一〇月村社に列し同四〇年二六日神饌幣帛料供進の神社に指定せられる
終戦後神社制度の改制により昭和二二年六月九日神社本庁所属の宗教法人となり 愛知県神社庁等級一二級に認定される
一 境内神社
秋葉社
神明社
 平成三年八月吉日

 

新社殿の竣功記念碑。由緒略記の背後に立っていた。

東尾八幡社 秋葉社 社務所
 造営竣功記念碑
 東尾八幡社は應神天皇を御祭神と仰ぎ、文明十一年に創建されました誉れ高い神社であります。
 旧社殿は文政二年(西暦一八一九)先人の眞心によって造営継承されたもので爾来百七十有余年の歳月と風月に耐えて老朽殊に甚しく氏子の心の痛みと憂慮に繋がり再建が望まれてまいりました。
 総意に應えて平成三年八月検討委員会が発足して衆議を重ね、翌平成四年十二月氏子総会に於て 八幡社、秋葉社、及び社務所の新築再建が議決され直ちに造営委員会を結成して大事業の推進が図られました。
 氏子数百五十一戸のささやかな集いでありますが幸いにして委員を始め氏子関係各位の熱誠溢れる御盡力で尊い浄財の御寄進を得て荘嚴華麗な新社殿並びに社務所が目出度く竣功いたし、古式床しい遷座祭に續いて奉祝大祭が嚴粛且つ盛大に齊行出来ましたことは偏に氏子崇敬者の赤誠と関係諸位の御支援によるもので深く感謝の誠を捧げ、御神徳の御加護の許 郷土のとこしなえの繁栄と隆昌を祈念致し御由緒を碑に刻んで後世に残します
 平成八年三月吉日
  東尾八幡社奉賛会

 

石段を上ったところ。ちゃんとお参りしました。

 

さらに敷地外周を反時計回りに歩を進めると、石灯籠や石塔がいっぱい並んだ庭園があった。

 

そのちょっと先に広場のようになった所があり、敷地内部に歩道が伸びていた。

後で出てくる案内板によると、このあたりを「浮城の広場」というらしい。

 

上の写真の右奥にあった銅板レリーフと案内板。

 

銅板の方から。

  安祥城址公園<浮城の園>
 当時の安祥城は、文献の一節に“あたかも浮城の感があった”としるされています。いまでは、水田の中にあるふたつのみどりの丘が、大乗寺(本丸跡)と八幡社(二の丸跡)をいだき、ひっそりたたずんでいます。それらは、当時の姿と重なり、引き継がれてきた浮城の風景です。
 このことから、当公園の基本テーマを<浮城の園>と定めました。池や流れを公園に巡らせ、ふたつのみどりの丘を一層際立たせ、浮城の園を表現しました。また、みどりの丘の谷間空間は、浮城を際立たせており、この “間” 空間を、景観の基本デザインとして、“風土記の舞台” “笙の塔” の施設を配置しました。

「風土記の舞台」と「笙の塔」は既出である。既出って何だよ?

 

案内板。

ようやく手起こしではなくOCRにかかる文字が出てきてくれた(読者には無関係
最近引っ越した再生ノートパソコンにはOCRソフトをインストールしていないので、ブラウザー上からGoogleレンズを使用して文字データを抽出させたら、これまでのOCRソフトと変わらぬ手軽さだった(やはり読者には無関係

改行位置、変更しています。ルビ省略しています。以下同じ。

 安祥文化のさと
安城城址(安祥城址)
 文明年間(1469~87)に、岩津城(岡崎市)の松平信光が奪い取り、子の親忠(西忠)を城主としました。以後、清康(徳川家康の祖父)が岡崎に移るまで、4代にわたりこの城に松平の総領家がありました。
 天文9~18年(1540~49)の安城合戦(安城城争奪戦)では、織田信秀(信長の父)と松平広忠(家康の父)が、3度にわたりこの城を奪い合っています。
 現在に残る安城城は、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いに備え、徳川勢による改修が加えられた姿と考えられています。

図中の現在地が「浮城の広場」となっていた。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

本丸跡の大乗寺山門。

 

手前の案内書き。

やはりGoogleレンズでテキスト抽出した。

安城城(安祥城)の縄張り
 安城城の築城年代は、明らかではありません。文明年間(1469~87 有力なのは文明8年・1476)に、岩津城(岡崎市)の松平信光が奪い取ったとされます。以後、信光の子親忠(西忠・安城初代)が城主となり、4代の清康 (徳川家康の祖父)が岡崎に移るまで、松平の総領家となっていました。
 天文9~18年(1540~49)の安城合戦では、織田信秀(信長の父)と松平広忠(家康の父)の間で、3度にわたりこの城を奪い合っています。
 今日、私たちが目にしている安城城は、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いに備え、徳川勢によって、当時の新しい縄張り(城を構成する区画である曲輪や堀、土塁の配置)への改修が加えられた姿と考えられています。
 大乗寺が現在の場所に建てられたのは、江戸時代の寛政 4年(1792)以降のことです。 

◀ 安城城縄張り図(原図: 千田嘉博氏)
 曲輪A(現 大乗寺)を中心に複数の曲輪が配され、周囲を堀と土塁が囲みます。特にB(現八幡社)との間の堀は、内部が複数に区画される障子堀となっていました。Aの北東にはC、D、Eの3つの曲輪が組み合わされ、北から容易にAへ進入できない工夫がなされています。また、Aの南端とCの東端にはそれぞれ櫓が設けられていました。現在、Aの櫓跡は高台となり、Cの櫓跡には祠が置かれ、これらの痕跡を確認することができます。

近年マスコミで大活躍している千田嘉博氏の名前が出てきたのが、ちょっと意外だった。そうでもない?

 

山門に接近。扁額には安祥山という山号が書かれていた。

 

上の写真の左側に立っていた説明書き。

  市指定史跡 安祥城址 昭和36年10月1日指定
 安城城(安祥城) が築かれた年代や人物は明らかではありません。一説には、室町時代の永享年間 (1429~1441)、志貴荘の地頭 和田親平によるともいわれます。
 江戸時代に記された『三河物語』には、岩津城(岡崎市)を本拠としていた松平信光が、文明8年(1476)ころに安城城を奪い取ったとの記述があります。このとき信光は、きらびやかに仕立てた踊りを安城の「西野」で行い、城内の兵が見物に出かけた間に城を奪ったとされます。その後、信光は子の 親忠(西忠)を城主にすえました(安城松平初代)。
 親忠は子どもたちを分家に出して勢力を広げ、2代の長忠(長親・道閲)の時代には、安城松平家が 一族の総領家としての地位を固めます。3代の信忠を経て、4代の清康(徳川家康の祖父)は13歳で家督を継ぎ、本拠地を岡崎に移しました。そして、ほぼ全ての三河地方を松平氏の支配下に置くことに成功します。しかし、この清康は、家臣の誤解によって、天文4年(1535)に25歳で殺害されてしまいました。
 天文9年(1540)には、尾張の織田信秀(信長の父)が安城城を攻め取り、三河地方への前線基地としま した。この戦いを含め、天文18年 (1549) に織田信広(信長の義兄)と織田氏に捕らえられていた竹千代(後の家康)が、「西野」で人質交換が行われるまで、 約10年間、3度にわたり安城合戦(安城城争奪戦)がくり広げられました。
 永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れると、安城城は廃城になったとされていました。しかし、近年の研究では、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いに備え、徳川勢によって、当時の新しい縄張りの設計による改修が加えられたとも考えられています。 
 了雲院大乗寺が現在の場所に建つのは、江戸時代の寛政4年(1792)以降のことになります。

 

本堂。葵の紋の幔幕が目を引く。合掌礼拝しました。

 

境内北側の門から出ると…

 

歴史博物館に戻ってきた。

 

上の写真の左端に見切れているあたりに、石仏のようなレリーフを見つけた。何だろうこれ? 可憐なような、ちょっと怖いような…

追記:

ブックマークコメントで「道祖神ではないか」と教えていただきました。ありがとうございました。

画像検索すると、そっくりな石像がヒットしました。うちの地方では余所であまり見かけませんが、道祖神で間違いないようです。

db.go-nagano.net

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています