🍉しいたげられたしいたけ

NO WAR! 戦争反対!Ceasefire Now! 一刻も早い停戦を!

ニコリ『超激辛数独4』23数独用Excelフォームを再生パソコンに移植した記念

再生パソコンへの引っ越し話ばっかり書いてるな。

数独はExcelで自作したフォーム上で解いているが、SSDの再生ノートパソコンが快適でかつ古いHDDノーパソが不安定になったので、フォームも再生ノーパソにコピペした。

古いノーパソのディスプレイは17.3インチ、再生ノーパソは15.4インチなのでフォームを若干縮小する必要が生じた。フォームはExcelシートの行数&列数を調整し罫線を引き、その上に初期値用に背景色を黄色にしたテキストボックスを並べて作成している。行幅&列幅は一括変更でき、行幅&列幅を変更するとその上に乗っかっているテキストボックスのサイズも自動調整してくれた。ありがたい。ただし完璧に調整してくれたわけではなく、手作業により微調整が必要な図形もいくつかあった。

ところで古いノーパソのMS-Officeは2016*1で再生ノーパソは2019である。Excelの見かけはほとんど変わっていなかったが、テキストボックスのうち一つだけに見慣れないハンドルが表示されていた。

中央「7」のテキストボックス上側の渦巻きみたいなハンドルは「図形の回転ハンドル」で2016以前にもあったが、下側の上下左右に矢印のついたハンドルは何なんだ? おそらく2019の新機能であろうが、他のテキストボックスは選択しても表示されない。なぜ「7」に限って表示されるのだ?
名称がわからないから、検索して調べようにも調べられない。試しにマウスカーソルをこのハンドルの上に置いてドラッグすると、サイズを変更しないでテキストボックスが移動できるようだった。MS-Office製品の各部の名称は、わりと「そのまんま」の名前が付けられることが多いから「図の移動ハンドル」でぐぐってみた。

下記サイトがヒットした。個人ブログのようである。もし通知が飛んだら、お騒がせ失礼します。

hamachan4.exblog.jp

なるほど、図を縮小したとき表示され、拡大すると消えるのだな。図を小さくしたときにサイズを変えないで移動するのに便利ってことか。どうやら微調整ということでちょっとばかり小さくしただけでは表示されず、ある程度大幅に小さくしないと出てこないようだ。2019が出てから5年以上経つはずだから旧聞の類であろうが、私は2016をずっと使っていたから知らなかった。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

ということで、自己満足的数独(ナンプレ)のプレイ記録である。前回はこちら。

www.watto.nagoya

 

今回はタネ本ニコリ『超激辛数独4』P30 23をとり上げる。難易度Level10だが体感的にはワンランク上にして最難関のLevel10+に近かったんじゃないかな? 作者 さくさく さん。初期値を背景色黄色で示す。いつもは書かなかったけど前述のとおり正体はテキストボックスである。

 

初等解法で確定できるマスは確定し、確定できなかったマスには候補として入りうる数字のメモ書きを書き尽くした状態を、次図に示す。

 

まず見つかったのはセルBc・Icの6・9 2国同盟とGb・Giの8・9 2国同盟である。これによりc行の他のセルの候補から6と9が、G列の他のセルの候補から8と9が除外された。

 

この結果を受けて、上段左側3×3ブロック中Ga・Hcに4・5 2国同盟が発覚した。同ブロック中の他のセルの候補から4と5が除外された。

 

続いてHcとHeに4・5隠れ2国同盟が発覚した。N国同盟は同盟国以外から候補の数字を消し、隠れN国同盟は同盟国から候補の数字を消す。よってHeから4と5以外の候補が消えた。

 

そうすると、右側中断3×3ブロックでは8の入るマスはI列しかない。よってニコリさん名称「いずれにしても理論」により、右側上段3×3ブロックと右側下段3×3ブロックのI列から、候補8が除外できる。

 

後から判明したことだが、ここまでの候補削減は、やってもやらなくても最終形を導くにあたって必要ではなかった。すなわち決定打ではなかった。

決定打となったのは、i行でCi・Gi・Hi・Iiに6・7・8・9 4国同盟ないしAi・Bi・Di・Ei・Fiに1・2・3・4・5隠れ5国同盟を見つけたことだった。

未確定マスがM個ある行または列または3×3ブロックでN国同盟が成立していると、必ず隠れM-N国同盟も同時に成立している。未確定マス9個で4国同盟&隠れ5国同盟ないし5国同盟&隠れ4国同盟を見つけることは、N国同盟解法(ニコリさん名称「予約」解法)では難易度最高である。

 

とまれ、EiとFiの候補から6が消えたことで下段中央3×3ブロックFgに6が確定したことをきっかけとして、多重選択の連鎖的解消が始まった。

得られた最終形を示す。Solutions P107と一致している。

同ページHintには

4…Be・Bf→Ch…4
Ci・Gi・Hi・Ii…6・7・8・9予約→Fg…6

と書いてあった。

1行目は初等解法で埋められるマスとして反映済み。2行目は、そうだろうなと思いつつ2国同盟を潰せるだけ潰してからじゃなければ探そうという気になれなかったから、これでよかったと思うことにする。

弊ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

*1:誤記訂正しました。失礼しました