🍉しいたげられたしいたけ

NO WAR! 戦争反対!Ceasefire Now! 一刻も早い停戦を!

ニコリ『超激辛数独4』19、20束の間の年末年始休みは数独三昧

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。題字は12年前に買った年賀状ムック収録のものです。のっけからいらんこと言わなくてもよろしい。

 

束の間の年末年始の休みである。とは言え世間さま並の長さであろう。TVはつまらないし、最近もっとも時間つぶしに利用しているYouTubeは配信者さんたちが休んでいる。TVと違ってYouTubeは特番組まれないのだ。年末年始に向けて特別配信をしているYouTuberさんいるかも知れないが、私がよく観る高齢者に人気()の配信者さんたちは、そういうことはやってない。それでいいと思う。

 

ではどうするかというと、数独(ナンプレ)がはかどる。それほど特別な問題に遭遇したわけじゃないが、自分の記憶のためにエントリーに仕立てる。前回の数独記事はこちら。

www.watto.nagoya

 

とは言えタネ本『超激辛数独4』P27 20は、一風変わった問題のようだった。作者は 坂本信幸 さん、難易度Level10、いつもの通り初期値を背景色黄色で示す。

 

初等解法で数字が確定できるマスは埋め、確定できないマスには候補の数字を書き尽くした状態が次図。確定した数字には、追跡用にExcelカラーパレットの左から順にフォント色を与えている。候補の数字で同一3×3ブロック中で2択になる数字は、重要情報なのでフォント色を赤にして区別している。

この状態でc行の7・8・9 3国同盟は、労せずに見つかった。c列Gcの5はローカル呼称「一気通貫」で確定する、と言うべきか。一気通貫なら初等解法の範疇である。

 

そうすると初等解法で確定した図としては、Gcに確定した5を手がかりにさらに整理した次のスクリーンショットを示すべきだったかも知れない。

そうすると今度はg列に6・7 2国同盟が発覚した。これによりEgに9が、続いてDgに5が確定した。

 

拙過去記事で「超激辛」シリーズでは2国同盟もまた初等解法の範疇と、しばしば書いてきた。そうだとすると、初等解法で確定した状態として示すべきだったのは次のスクショだったかも知れない。進めすぎると、返ってわかりにくいこともあるんだよな。

 

ところがここからちょっと手こずった。先に書いちゃうと、井桁の連続適用が必要になったのだ。

Bd・Hd・Bf・Hfの1の行方法単純井桁を用いてEeに1を確定させ…

 

この結果を受けてBd・Dd・Bf・Dfの9の行方法単純井桁を用いてIeに9を確定させ…

 

さらにこの結果を受けて、Ec・Ef・Ic・Ifの8の列方法単純井桁が発覚するに至って…

 

ようやく多重選択の連続的解消を導くことができた。最終形を示す。Solutions P106と一致している。

ちなみに同ページのヒントには

Ec・Ef・Ic・If…8井桁

としか書いてなかった。

過去に『超激辛数独』1&2を解いた経験に照らすと、この粘り腰はLevel10より難易度ワンランク上のLevel10+に近い感触だが、Level10になっているのは連続使用したのが2国同盟や単純井桁だったからだろうか? ほんまもんのLevel10+だと、3国同盟以上や3連井桁以上の連続使用が求められる。

 

何かを褒めるとき別の何かを貶すなと言うが、別に褒めてるわけでも貶してるわけでもないから直前のP26 19と比較してみよう。作者 鴈野敏生 さん、難易度Level10。

 

初等解法で確定したマスは埋め、確定できないマスには候補の数字メモを書き尽くした状態のスクショ。

 

g列の2・6・7予約(3国同盟)を見つけるのは、ちょっと骨が折れたのだけど…

 

一気通貫でCcに4が確定したことをきっかけに、多重選択の連続的解消が始まり、あっさり最終形にたどり着けた。Solutions P106と一致している。

ところが同ページのこの問題のヒントは

Gg・Ii…2・7予約
Cg・Dg・Gg…2・6・7予約
Dd・Ff…1・3予約
Ee・Ef…4・6予約

と、4行も書いてあるではないか!

1行目、3行目、4行目が、候補の数字を埋め尽くす段階で使う機会あったのか、それとも最終形を導く段階で使う機会あったのか、覚えていない。ヒントが欲しくなるほどには苦労しなかったはずだ。