🍉しいたげられたしいたけ

NO WAR! 戦争反対!Ceasefire Now! 一刻も早い停戦を!

ニコリ『超激辛数独4』13、14難易度Level10突入しかし自分のミスが難敵で苦戦を連発

自己満足的数独(ナンプレ)プレイ記録である。前回はこちら。

www.watto.nagoya

 

ニコリさんの「超激辛」シリーズには、難易度Level9~10+の問題が収録されている。うちLevel9+が13問で終わり、14問からLevel10に突入した。

タネ本『超激辛数独4』には全91問収録されており、過半の40~91が最難関のLevel10+である。すなわちLevel9、Level9+、Level10は小手調べと言ってよかろう。

ところが12、13、14を解くにあたっては、なんだかやたらと苦労した。もう少しで巻末のヒントを見そうになった。これまではっきりとは書かなかったが『超激辛数独4』はヒントを見ないで完走することを、内心ひそかに目標としている。よけいな縛りを設定すると自分を苦めるだけだとわかっているつもりなので、あえて拘泥しないとも心掛けているのだが。

しかしLevel9+やLevel10でヒント参照は、早すぎやしないか?

そう思って少し粘ってみた。具体的には何晩か寝かす、最初から解き直してみる、などを試みた。

それにより発覚したのは、つまづきの原因はいずれも自分自身のミスだったことだ。数独を解くにあたっての最大の難敵は自分自身のミスだということも、わかっているつもりだったのに。ここのところ仕事がちょい多忙気味で数独を解く時間が減っているから、カンが鈍っているのかも知れない。

 

12も苦労したが原因は候補の数字の消し忘れという単純ミスと判明し、一般性がなく他人の参考にはならないと判断しブログへの公開は見送る。

そんなで今日は2題、まずはP20 13。作者 あら さん、難易度Level9+の最後の問題である。初期値を背景色黄色で示す。

 

初等解法で数字が確定できるマスは埋め、確定できないマスには候補の数字を書き尽くした状態。確定した数字には、追跡用にExcelカラーパレットの左から順にフォント色を与えている。候補の数字で同一3×3ブロック中で2択になる数字は、重要情報なのでフォント色を赤にして区別している。

G列の4・6 2国同盟はすぐ見つかったので反映済みである。

 

ここから進展しなかった。2大必殺技「井桁」と「N国同盟」のチェックを何度か行ったが、適用できなかった。仕方がないから2晩ほど寝かせた。

 

結論を書くと、中段左側3×3ブロック中で候補の数字に3があるのはf行だけなので、他の3×3ブロックの同行の候補から3を除くことができたのだ! 初等解法の範疇に入る解法テクニックであろう。

 

そうするとF列に4・6・8 3国同盟が難なく発覚し、これによりFiに1が確定した。

 

もっと上級レベルの問題になるとここから何枚かの粘り腰を見せるが、Level9+はこれで多重選択の連鎖的解消が始まった。

最終形を示す。Solutions P105と一致している。

同ページヒントには

Hd・He…1・5予約

Fb・Fd・Fe…3・5・9予約

と書いてあった。

1行目は2枚目スクリーンショットに反映済みだった。

2行目は、4枚目(下から2枚目)スクショのことだと思われる。ただし1を確定し3・5・9隠れ3国ということだろう。

 

しょうもない無駄口を挟む。これまで宇宙戦艦ヤマト、仮面ライダー、ガンダムe.t.c.に喩えてきたが、今回は水戸黄門に喩えてみよう。

なんで助さん格さんがチャンバラする前に黄門さまが印籠を出さないかというのは、さんざん言われ尽くした突っ込みである。

雑魚敵を討ち果たさない状態では、すなわち初等解法を適用し切っていない状態では必殺技が通用しないケースがあることを、今回は身をもって体験したと言えよう。

 

続いてP21 14。作者 printf さん。ここから難易度Level10である。

 

この問題では久々に、候補の数字を埋めつくす過程で単純井桁が発覚した。

すなわちBb・Eb・Bi・Eiの列方向単純井桁で、これによりb行とi行の候補から3が消える。

3が飛車にらみするマスを灰色で、3が井桁を構成するマスを濃い目の橙で(列方向単純井桁、行方向5連井桁)、井桁が候補から3を消すマスを薄めの橙で着色している。

 

この状態から候補の数字を埋めつくそうとすると、9をやろうとしたときローカル呼称「総消去法」によりFbに9が確定することが発覚し、この9を手がかりにさらにいくつかの9が初等解法で確定できた。

 

そこから最終形を導くことができた。Solutions P105と一致している。

同ページヒントには

Bb・Bi・Eb・Ei…3井桁

とだけ書いてあった。まあそうだよね。

 

ここからまたしても全く個人的な事情で一般性のまるでない話である。2枚上のスクショから最終形を導くにあたって、何度か矛盾が発生し手戻りを強いられた。根本的な考え違いをしているんじゃないかとも疑った。あとから検証すると自分の単純ミスでしかありえないのだが、なんでだろう?

根拠薄い想像だけど、この難易度の問題としては比較的早い段階で決定的な手がかりが見つかったため、候補の数字をきちんと見つけ、きちんと消してゆくという作業がつい雑になったのかも知れない。

さっきの水戸黄門に喩えると、雑魚敵が多すぎて助さん格さんが息切れし力尽きてしまった状態に近かったのではなかろうか。

そゆえばもし乱闘の過程で助さんか格さんが討ち死にしてしまったら、その後の展開はどうなるのだろう?(そんなことぜってーないから心配すんな