しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

『しんぶん赤旗』の報道があなどれぬ件

後期高齢者医療制度を巡る諸々のトラブルが問題になっているが、なぜ成立のときは騒がれず制度の施行が始まった今になって騒がれるのかという意見を目にすることがある。制度が制定されたときにはあんまり報道されないのだ。
今日の『しんぶん赤旗』地方欄に「65歳以上の高齢者の住民税を年金から天引きするという条例案が、地方議会で次々と可決されている」という記事が載っていた。国会で4月30日に成立した改正地方税法を受けて、65歳以上の公的年金受給者の住民税を2009年10月から特別徴収(年金から天引き)するための条例改正だそうである。
制度施行のタイミングがまたいいじゃないか!今の衆院議員の任期が2009年9月まで。任期満了まで待たずに通常国会が終わった段階で解散すればもっと早く、いずれにしても第一回の天引きが始まる前に総選挙が終わっていることになる。そういうものだろう。
制度の賛否は今は論じない。自治体としては、住民税の取りっぱぐれが減るのはありがたいことだろう。それは、住民税の滞納が多いという事実の裏返しである。だが滞納している側も、好きで滞納しているところばかりではなかろう。いや、好きで滞納してる奴も多いのかな?…と、論じ始めたらそれはそれで長くなりそうだから。
何よりも言いたいことは、こうしたいずれ自分自身の生活に直結する情報は、きちんと入手して自分で評価を下しておきたいということである。しかるに一般のメディアでは「住民税を年金から天引き」という記事を見かけた記憶がないのだが、いかがしたものだろうか?私は紙でもネットでも新聞記事にはわりと目を通している方だと思うぞ。念のためGoogleでニュース検索したら、辛うじて北海道新聞の「旭川市が住民税を年金天引き 来秋実施方針 条例改正動き続々(05/17 06:56)」という記事が一件だけヒットした。これで制度が施行されてから「なぜ制度が成立する前に異議申し立てを行わなかったのか?」と言われても、どうかと思うのだが。
自営業者で『聖教新聞』か『しんぶん赤旗』またはその両方をとってるところは案外多いと思う。お得意さんへの義理立てである。詳しくは言えないけど、一番苦しい時期にけっこう儲けさせてもらったので、この先ずっと購読を続けてもすでに元は取ってると思う。とは言え本当に収入がなくなったら止めるけど。ちなみにうちの実家は『聖教新聞』のほうをとってるが、個人的にはあっちはクソだと思う。本当に読むところがない。