しいたげられたしいたけ

空気を読まない。他人に空気を読むことを要求しない

五十の手習いのギターの件

始めて半年。あの難関のFも、時間をかければなんとかなるもんだと思った。
私の習っているクラシックギターではアルペジオ主体だから、低いほうの弦を押さえてから高いほうの弦を押さえるまでに、四分音符一つ分の時間的余裕がある。それが貴重なのだ。
ところがカリキュラムが進んで、その四分音符一つの余裕が奪われるケースが現れた。一気にコードを押さえなければならない。
ステップバイステップというやつであろうが、不安は次々に現れいつになっても尽きないものだ。