しいたげられたしいたけ

期間限定トップ「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない」ネルソン・マンデラ rt by バラク・オバマ

チェックディスクで解決するトラブルもあるということ

行きつけの飲食店でパソコントラブルの相談を受けた。何かウインドウを開こうとするたびパソコンが固まるとのこと。Windows7機。
何はともあれ現象を見せてもらおうと電源を入れると、Windowsが起動せず黒いメニュー画面が出てきたので「セーフモードで起動」を選択する。
セーフモードで立ち上がったので、チェックディスクをかけてみた。スタートボタンから「コンピュータ」を起動してCドライブ上で右クリックし「プロパティ」を選択し…ってやつ。
そうしたら、「破損したファイルを置換しています」という意味の英文メッセージが、出るわ出るわ。
時間がかかるだろうと思ったので、お店の人にそのまま放置して、再起動したら様子を見てくれと伝えて、店を出た。
後日聞いたら、それで現象が解決したとのことで、とりあえずよかった。なんでこんなことになったのだろう? Windows Updateの途中で電源を切ってしまったとかかな?
考えてみたら今の私に使えるワザと言ったら、このチェックディスクと、あとはせいぜいリカバリディスクからのOSの再インストールくらいしかない。
念のためぐぐったら、このページにはチェックディスクのログの見方も書いてあった。
チェックディスクの実行方法(Vista/7)
あと、このエントリーを書いていて、システムファイルチェッカーというのもあったことを思い出した。

備忘用にエントリーにしておこう。
追記:
結局、チェックディスクだけでは回復していないことがわかったので、リカバリをかけました。
詳細は「mouse computerリカバリ時のデバイスドライバはHPからダウンロード要 - しいたげられたしいたけ」に書きました。