しいたげられたしいたけ

人権を守るには人権を守るしかない。人権以外の何かを守ることによって人権を守ろうとする試みは経験的に全て失敗している

Google adsense関連の作業をしているさなかにGoogleのロゴを無断使用したフィッシングメール(多分)が届いたので危うく引っかかりそうになった

ネット用の公開アカウントとして使っているhotmailに、こんなのが届いていた。性質上ヘンなのがいっぱい届くアカではある。また差出元のドメインが「geocities」である点でも偽メール確定なのだが、Googleのロゴを見ると一瞬ぎくっとした(旧フォントやんけ! エントリー公開直前に見直して気づいた)。

f:id:watto:20160506194125p:plain

スポンサーリンク

 

念のためつか確認のつもりで「View emails」という赤いボタンのリンクを右クリックで取得して、出てきたドメイン名をジャンプしないようダブルクオートで囲んで検索した。もっといい知恵がありそうな気もしたが、とっさには思いつかなかった。

その結果が次のスクショ。

 f:id:watto:20160506194126p:plain

アウト確定だな。つか「第三者によってハッキングされている」って、どうなってるってことだろう? サーバごと乗っ取られてるってこと??

フィッシングの報告先迷惑メールの相談先も知っているが、つかせいぜい利用しているつもりだが、あまりに反応がないのではりあいがなくなってしまった。特に発信元が海外だと、国内法の壁のせいか、よけいに仕事してくれなそうに感じるのは私だけ?

いっそGoogleに通報した方が、何かしてくれるかも知れない。知らんけど。

そんなで今回はあっさり削除した。でも削除するだけというのも物足りないので、ちっとは注意喚起になるかなと、自分のブログのネタにしてみた。つか「こうするべきだ」みたいなご意見をお持ちの方は、コメントかブコメでご教示くださいm(_ _)m

 

正直に書いておかないと真実味が薄れると反省したので追記:

ちょうど、Google adsense関連の作業をしているさなかにこういうものが届いたので、あやうく引っかかりそうになったのだ。そうでなければ即削除できたはずだ。

躓きの石というものは、何でもない時には避けられても、いくつか悪条件が重なると躓くものだと自戒しておかねば。

アフィリエイトとかマネタイズとかは、弊ブログでは意識して避けている話題の一つです。他の人もいっぱいやってるし、何より読んでもつまらないだろうからというのが理由です。だけどそれも場合によりけりということで。

追記の追記:

ブログタイトルも、より詳細な(つかあけすけな)ものに変更しました。