しいたげられたしいたけ

選択的夫婦別姓の早期実現を求める

クレジットカードを解約した

アパートを転居したときに不動産会社がクレジットカードを作ってしまった話を以前に書いた。
http://watto.hatenablog.com/entry/20101219/p1
ぶつくさ言いながら、あれから順次、以前から持っていたクレジットカードの支払いを、不動産会社の作ったカードに移していった。
支払いに支障がなさそうなのを見極めて、以前から持っていたカードのほうを解約することにした。何枚も持っていても年会費がもったいないだけだもんね。
で、解約って、どうやればいいんだ?
クレジット会社のホームページを「解約」で検索する。ウェブからは解約できないそうで、サービスセンターの電話番号が書いてあった。
フリーコールでもないんでやんの。
電話してみた。
自動音声対応になっていた。
音声ガイドに従って番号を入力していくと、最後まで人間のオペレータにつながらず、自動音声だけで解約手続きが完了してしまった…らしい。
「らしい」というのは、本当に手続きが完了したのか自信がないからである。「クレジットカードはハサミで切って破棄してください」という意味の、有名なパターンのメッセージが出てきたから、大丈夫だろうと思うんだけどね。
それにしても、かれこれ10年越しの付き合いのあったカードである。なんだかちょっと寂しい気がしないでもない。
追記:後日、解約完了を知らせるハガキが届きました。剥離式のやつ。