しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

古いちらしやパンフレットの画像をスキャンして過去記事をリライトするのはもう限界かも知れない

昨日(5月13日)の日曜日は大雨で、何もできなかった。TVのローカルニュースに、隣の市の駐車場に駐めていた車が水没し、インタビューに「どうやって帰ったらいいんでしょう?」と答えていた女性が登場していた。マジでどうしたんだろうあれ??

 

そこで久しぶりに、2ヶ月ぶりくらいでスキャナ Scan Snap を使って、必要な書類のスキャンをやった。10ページにも満たぬ書類だが、電子化しておきたいものがあったのだ。

前回の記事がこちら。おお、本当にちょうど2ヶ月ぶりだった。

www.watto.nagoya

せっかくスキャナを出したのだからと、この際、電子化しておきたい書類をまとめてスキャンしてしまった。特許事務所に書いてもらった個人特許の申請書の控えであるとか、ニュージーランド短期語学留学関係の書類、チケット、パンフレットであるとか。

それでも時間が余ったので、さらにクリアファイルに保存していた古いちらし、パンフレット、チケットなどもスキャンした。今回スキャンしたのは、2013(H25)年から2014(H26)年にかけての2年分ほどだった。

これだけのことが、ほぼ半日でできてしまったのだから、書類の電子化と処分は、もうちょっとこまめにやるべきなんだろうなと、しみじみと思った。

スポンサーリンク

 

ただし、スキャンで電子化した画像を挿入して古い記事をリライトできるのは、そろそろ限界かも知れないという気がしてきた。

これはうちのブログの固有事情だが、だいたい5年くらい前までは、記事はテキストばっかりで画像は例外的にしか入れていなかった。

4年くらい前からか、読者登録してくださる方の数が増え、それにつれ、読者サービスのつもりというのはおこがましいが、スマホカメラやコンデジで撮った写真を意識的に増やすようにした。フォーカス悪い写りの悪い写真ばっかりですみません。

短く言えば、記事に初めから写真を挿入していたということだ。

 

上にリンクを貼った 3月14日の記事 ではリライトしたのは9件。

先月の18日に、日付をさかのぼってリライトできたのは6件だった。

www.watto.nagoya

 

今回は、2013年以降の画像データが手に入ったのだが、ブログに貼れたのは2件だけだった。

名都美術館というところでやっていた仏師の江場琳黌〔えばりんこう〕琳觀〔りんかん〕展というのを観に行ったときの記事に、チケット画像の写真を貼ったのと…

www.watto.nagoya

 

奈良県の長谷寺に参拝したときの記事に、ちらしとパンフレットからの写真を貼ったのだ。

www.watto.nagoya

 

それでも写真が一枚、二枚あるだけでも、当時の記憶の蘇り方の鮮明度が違うような気がした。毎度お断りしている通り、弊ブログの主目的は自分用の備忘メモです。すみません。

スポンサーリンク