しいたげられたしいたけ

道を間違えているのが明白なのに、「きっと他の道はもっと間違っている」と進み続けたら、どうなる?

「レッドカード運動 安倍政権にNOを!」第二回投函(3月30日(土)13:00)

どうにも薄気味悪くて仕方がないことがある。今の日本の報道がヘンじゃないかということに関してである。

安倍政権下においての報道の異常性を示すエピソードとしては、ジャーナリストの 伊藤詩織 さんに対する酷いバッシングであるとか、東京新聞の 望月衣塑子 記者と官邸の間のいきさつであるとか、さまざまな事案が思い浮かぶが、今回はピンポイントで、この事件について私家版リンク集のようなものを作って保存しておきたい。

 3月12日、東京入国管理局に収容されていたクルド人難民男性が、「生命の危機を覚える」ほどの体調不良を訴え家族が救急車を要請したところ、入管職員は2度にわたり救急車を追い返したという事件があった。

フリージャーナリストの 志葉玲 さんのこの記事が、予備知識のない人にもわかりやすくまとまっていたのではないかと思う。

news.yahoo.co.jp

 

私は第一報をツイッター経由で受け取った。リアルタイムの緊迫したツイートが次々と流れてきて、オンラインとは言えかなり異様な雰囲気だったことを記憶している。

当時のログは、トゥギャッターにまとめられている。

togetter.com

日本の法体系は他の先進諸国と同様、人命を始めとする基本的人権を守ることを目的に構築されている。人命を危機に晒してまで優先されるルールなど、けっして存在してはならないのに。

 

この事件に関しては、海外拠点のメディアは即座にネット記事を発信していた。

ハーバービジネスオンライン。

hbol.jp

 

フォーブスジャパン。

forbesjapan.com

 

ところが日本のメディアは、奇妙な(としか私には思えない)沈黙を長く続けた。いま検索すると、辛うじて asahi.com の2日遅れの3月14日付記事と、news.tv-asahi.co.jp の半月遅れの3月28日付記事がヒットするのだが。

体調不良訴えたクルド人男性を救急搬送せず 東京入管:朝日新聞デジタル

入管施設のクルド人が呼んだ救急車が帰らされる - テレ朝news

 

初めにリンクを貼った 志葉 氏の記事の末尾には、【ここ10年間での、入管施設での外国人死者】が付されている。

年月 国籍 場所 死因

09.3 中国 東京 自殺

10.2 ブラジル 東日本 自殺

10.3 ガーナ 東京(※成田支局) 強制送還中の制圧による窒息死の疑い

10.4  韓国 東京 自殺

10.4 フィリピン 東京 病死

10.12 フィリピン 東京 病死

13.10 ミャンマー 東京 医療放置による病死

14.3 イラン 東日本 誤嚥性窒息死(医療放置)

14.3 カメルーン 東日本 医療放置による病死

14.11 スリランカ 東京 医療放置による病死

17.3 ベトナム 東日本 医療放置による病死

18.4 インド 東日本 自殺

東京=東京入国管理局(品川区)、東日本=東日本入国管理センター(牛久市)

※SYI(収容者友人有志一同)のまとめをもとに作成

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190314-00118184/ より。

ツイッターの私のタイムライン上ではしばしば目にするまとめである。これらはどれ一つとっても深刻な事態であるにも関わらず、報道が手厚かったようにも、それぞれの事件をきっかけに入管における外国人の扱いに変化があったようにも、とても思えない。

「安倍政権以前からあったことではないか」という擁護論が出てくることは容易に予想されるが、異議を唱える相手としては現政権に対して以外ないのである。

 

この記事を準備しているところへ、新たなニュースが飛び込んできた。

入管が舞台ではないが、外国人に対する人権侵害と、日本発ジャーナリズムの冷淡という点は共通している。

www.businessinsider.jp

 

一昨年3月の事件発生時の記事を探したが、ヒットしなかった。辛うじて出てきたのは 、遺族による提訴を伝えるビジネスインサイダーの同じ著者による記事と弁護士ドットコムの記事だけだった。これも記録として。

東京地検の取り調べ中に死亡のネパール人、遺族が検察官ら告訴 | BUSINESS INSIDER JAPAN

手錠で拘束されたネパール人、検察の取調べ中に突然死…妻「真実知りたい」と提訴 - 弁護士ドットコム

 

ということで、よんばば(id:yonnbaba)さんの呼びかけに応じたこのアクションの第2回目。

機会あるたびに繰り返すが、私の行動と記事に関する全責任は、私自身が負う。

yonnbaba.hatenablog.com

 

前回3月23日(土) のとき、まとめて準備したハガキの残り一枚を…

f:id:watto:20190225221040p:plain

 

近所の郵便ポストから投函完了したことを報告します。隠しているけど住所と氏名は明記しています。

f:id:watto:20190330103127j:plain

スポンサーリンク