しいたげられたしいたけ

DHCの商品は買いません

曜日と惑星の名前が同じ理由はフランス語、イタリア語、スペイン語…を勉強した人には明白だったのだろうけど…

私はほんの数日前に何かのきっかけでぐぐるまで知らなかった!

結論を先に書いてしまうと、こういうことです。

曜日 惑星
日本語 フランス語 フランス語 日本語
月曜日 lundi
ランディ
Lune
リュヌ
火曜日 mardi
マルディ
Mars
マルス
火星
水曜日 mercredi
マルコディ
Mercure
メルキュルゥ
水星
木曜日 jeudi
ジュディ
Jupiter
ジュピィテェール
木星
金曜日 vendredi
ヴォンドディ
Vénus
ヴェニュス
金星
土曜日 samedi
サムディ
Saturne
サテュルヌ
土星
日曜日 dimanche
ディマンシュ

主にこちらのサイトを参照しました。なおこのサイトによれば「日曜日だけdiが付かずdominica(ドミニカ)で主の日となります」とのことでした。ただし土曜日に関しては「安息日」(ラテン語の sabbatum)に基づくと解説するサイトが多いです。

frenchfaster.jp

 

そう言えば、はてなブロガーの 梅干爺(id:kaihuuinternet)さんは日曜日にアップされるエントリーに「主日」とタイトルされます。

www.kaihuuinternet.work

ありゃ、今、確認したら例外がある…

 

なおスペイン語とイタリア語に関しても、検索すると曜日名と惑星名を関連付けたサイトが見つかりました。これらはロマンス語とグループされる言語です。

スペイン語です。

adelante.jp

上掲ページから表のみ引用します。

曜日 惑星・恒星名
  (スペイン語)   (スペイン語)
月曜日 Lunes Luna
火曜日 Martes 火星 Marte
水曜日 Miércoles 水星 Mercurio
木曜日 Jueves 木星 Jupiter
金曜日 Viernes 金星 Venus
土曜日 Sábado 土星 Saturno
日曜日 Domingo 太陽 Sol

 

イタリア語です。

communicationdoodle.blogspot.com

やはり表のみ引用失礼します。

曜日 天体
日本語 イタリア語 日本語 イタリア語
月曜日 lunedi Luna
火曜日 martedì 火星 Marte
水曜日 mercoledì 水星 Mercurio
木曜日 giovedi 木星 Giove
金曜日 venerdì 金星 Venere
土曜日 sabato 土星 Saturno
日曜日 domenica 太陽 Sole

いずれも土日は対応してないようですね。 

 

以下、愚考をぐだぐだと開陳。

夜空を彩る天体に、回転はするが書き割りのように相対的位置は動かない恒星と、恒星の間を自由気ままに動き回る惑星があることを人類が発見したのは、紀元前に遡るという。彗星や超新星は、今は措く。

西洋人は恒星にも惑星にも神話の神々や人物の名を与えたが、古代中国人は5つしかない肉眼で見える惑星に五行説を適用して「木星」「火星」「土星」「金星」「水星」と名付け、それがそのま日本に輸入された。すなわちこれらの名前はたいへん古くからあるのだ!

ちなみに中国における五行説の存在感の強烈さについては、吉野裕子『ダルマの民俗学―陰陽五行から解く』 (岩波新書) という本が面白いです。あらゆるものを片っ端から五大元素に牽強付会しないと気が済まなかったようです。 

ダルマの民俗学―陰陽五行から解く (岩波新書)

ダルマの民俗学―陰陽五行から解く (岩波新書)

  • 作者:吉野 裕子
  • 発売日: 1995/02/20
  • メディア: 新書
 

中国暦の流れをくむ和暦にはもともと「曜日」というものはなかったが、西洋暦を導入するにあたって「惑星の和名」→「ロマンス語の惑星名」 →「ロマンス語の曜日名」という参照によって曜日の訳語が作られたのではなかろうか? 成立過程を記した文献は、ないことはないだろうけど見つけていない。

 

参考までに周知に近いと思うけどマルスは軍神、メルクリウスは商業神、ユピテルは最高神、ウェヌス(ビーナス)は美神、サトゥルヌスは農耕神で、いずれもローマ神話の神様である。

 

面白いことに、英語、ドイツ語などゲルマン語では、これらの過半が北欧神話の神々に置き換えられているのだ。

Tuesday は軍神テュールにちなむとされる。ドイツ語では Dienstag とかなり形が違うが、語源は同じとの由。

Wednesday は ゲルマン神話の最高神オーディンに基づくとされる。ドイツ語では Mittwoch(週の真ん中)が用いられるが、なぜかこの神の名が忌避されたらしい。Wodenstag または Wotanstag という古形があるというが、確認のため検索すると不安になるほどヒット数が少ない。いずれも英語版 Wiktionary に項目があるから間違いということはないはずだが。

Thursday(ドイツ語 Donnerstag)は雷神トールにちなむという。テュールと名前が似ているが別神だそうだ。なおトールは現代では「マイティ・ソー」の主人公として活躍している。 

Friday(ドイツ語 Freitag)は女神フレイヤにちなむという。

Saturday はなぜか英語でもローマ神話のサトゥルヌスの名前が用いられているのが、よくわからない。ドイツ語の Samstag は、これもなぜかラテン語の安息日からのようだ。なおドイツ語では Sonnabend(日曜前夜)もよく用いられるという。

 

私は第二外国語としてドイツ語を学習したので、こっちのトリビアはよく見聞きする機会があったが、ロマンス語ほど体系的ではない。英語の Saturday が Saturn(土星)と似ているとか、Mercury(水星)は小文字で書くと水銀だから水曜日なんだろうとか、断片的に結び付けてなんとなく納得していた。

こういう「一部の人にとっては自明だが、別の一部の人はあんがい知らないこと」って、多いんだろうか?「iPhon ユーザーと Android ユーザーでは常識が違う?」というのをネタにしたことがあったが、あれは最近の社会現象であろう。

www.watto.nagoya

 

各国語の曜日の話をもう少し。日本と、それから韓国は、日月プラス五行説の曜日を採用しているのだが…

kvillage.jp

より、表のみ引用させていただきます。

韓国語 日本語
일요일
イリョイル
日曜日
월요일
ウォリョイル
月曜日
화요일
ファヨイル
火曜日
수요일
スヨイル
水曜日
목요일
モギョイル
木曜日
금요일
クミョイル
金曜日
토요일
トヨイル
土曜日

 

五行説の本家である中国語では、なぜかこの流儀を採用していないのだ! 

chugokugo-script.net

より、表のみ引用させていただきます。

曜日 中国語 ピンイン
日曜日 星期天 xīngqītiān
星期日 xīngqīrì
月曜日 星期一 xīngqīyī
火曜日 星期二 xīngqī'èr
水曜日 星期三 xīngqīsān
木曜日 星期四 xīngqīsì
金曜日 星期五 xīngqīwǔ
土曜日 星期六 xīngqīliù

しかし「なんで曜日の名前に星が出てくるのだ!?」という疑問には、ヨーロッパ諸語の影響を持ち出さないと説明がつかないように思う。

 

もう一つ、ロマンス語の有力な言語の一つであるポルトガル語は、これがなぜか中国語と同じ流儀の曜日の呼び方をしている! 私は中国語の曜日は知っていたが、ポルトガル語の件はぐぐって今知りました!

tabatashingo.com

より、表を引用させていただきます。

  ポルトガル語
月曜日 segunda-feira
火曜日 terça-feira
水曜日 quarta-feira
木曜日 quinta-feira
金曜日 sexta-feira
土曜日 sábado
日曜日 domingo

土曜日が「安息日」、日曜日が「主の日」であることを除くと、順に「第二市場」「第三市場」「第四市場」…という意味だそうだ。

なんでそういうことになったかというと、上掲サイトにかなり詳しい説明がありました。もちろん中国語の曜日より古いです。

スポンサーリンク