しいたげられたしいたけ

選択的夫婦別姓の早期実現を求める

結局、再読

中島らも『こらっ (集英社文庫)』、カバーの中味が入れ替わっていたマーケットプレイス商品、うまい具合に内容をほとんど忘れていた。
『こどもの一生』のネタバラをしていたのは、本書だった。
本書の単行本版が出版されたのは'91年だが、考えてみれば中島らものようなタイプのエッセイストが世に出るのは、最後のタイミングだったかも知れない。
現在なら「この手のエッセイはブログでいくらでも読めるじゃないか!」でおしまいになりかねない。

こらっ (集英社文庫)

こらっ (集英社文庫)