しいたげられたしいたけ

空気を読まない、他人に空気を読むことを求めない

以前にスキャナ Scan Snap でスキャンし保存していた古い pdf ファイルで過去記事をリライトした

1ヶ月ほど前に、こんな記事を書いた。保存していたちらしやパンフレットを廃棄する前に手持ちのスキャナ Scan Snap S1500 でスキャンし、その画像を過去記事に挿入できるんじゃないかということで、実際にリライトしてみたのだ。

www.watto.nagoya

このときは6年前から7年前にかけて、すなわち2011年から2012年にかけての記事を、9記事ほどリライトしたのだった。

 

実は、これ以前にも古いちらしやパンフレットを廃棄するのに際し、Scan Snap で pdf 化していたのだった。調べてみると Scan Snap を購入したのが 8年前の2010年の9月 で、ちらしやパンフレットの pdf ファイルは、その2年前の2008年1月の分からが残っていた。Scan Snap を購入した時点で捨てずに残していたものを、どこかのタイミングで保存していたのだろう。

今回はそのうち、2009年の1年間で、リライトに使えそうな画像ファイルを抽出して過去記事に挿入してみた。

奇しくも「美術展」タグばかりになった。別に奇しきわけではないか。

なお「ちらしやパンフレット」と何度か書いたが、ちらしよりチケットが残っている場合は、そちらの方がブログの挿入画像としては使いやすかったので、チケットの画像を貼ることが多くなった。

 

なんでチケット画像がいいかというと、論より証拠、実例として、これは2010年の 7月に見に行ってデータを残していた碧南市藤井達吉現代美術館というところの「徳島県立近代美術館所蔵名品展 20世紀の人間像」という企画展のチケット。

f:id:watto:20180418005740j:plain

 

同じくちらし。

f:id:watto:20180418005759j:plain

うちのブログは長辺450~600ピクセルで画像を貼っているが、このサイズではちらしだと文字がつぶれて読めなくなってしまう。

ちらしとチケットはデザインが似ていることが多いし、チケットは狭いスペースに必要最小限の情報量を詰め込む工夫をしているのがいいのだ。

 

なんで2011年から遡るのに2010年を飛ばして2009年の記事をいじったかというと、2010年は引っ越しに際してネットがつながらず何ヶ月も開通を待たされたという事情があって、他の年に比べてエントリーの数が少なかったのだ。だから画像があっても、それを貼る記事のほうがなかったりした。

碧南市美術館の「20世紀の人間像」企画展のエントリーも残していない。いやこの時期にはネットは開通していたのか。なんでだ?

 

以下、今回リライトした記事へのリンクを、日付の古い方から順に貼っていく。

9年前の4月の記事。画像2点追加。

この頃は文章量が少なく、画像データがないとスカスカの記事が多かった。早く言えば、他人に読んでもらうという意識があまりなかった。

www.watto.nagoya

 

同9月の記事その1。画像1点追加。

www.watto.nagoya

 

同9月の記事その2。画像データは元から貼ってあったものだけで、新たには追加しなかったが、タグと改行を追加した。

www.watto.nagoya

 

同10月の記事その1。画像2点追加。手ごろな画像がなくて、ちょっと苦労した。

www.watto.nagoya

 

同10月の記事その2。画像2点追加。

www.watto.nagoya

 

同10月の記事その3。画像1点追加。

この頃は、すごい勢いで美術展に行っていたな。ぶっちゃけ事情があって仕事がヒマだったのだ。

www.watto.nagoya

 

結局、今回リライトしたのは6件だった。2008年と2013年以降の記事のリライトは次の機会にしよう。

う~ん、改めて読み返すと、どれも人様に読んでもらうような記事じゃないな…(^_^;

しばしば書いているように、弊ブログの主目的は自分用の備忘メモなので。

美術展のレビューといえば、はてなブログだけでも「日毎に敵と懶惰に戦う」の 在華坊 さん、「あいむあらいぶ」の かるび さん、「常温常湿希望」の クマ さんといった、錚々たる方々のお名前が思い浮かぶ。

美術展にご興味をおもちで、これらのブログをご存じない方は、検索して閲覧をお奨めします、と他力本願なことを書いて、今回のオチとしてしまう。

スポンサーリンク