しいたげられたしいたけ

道を間違えているのが明白なのに、「きっと他の道はもっと間違っている」と進み続けたら、どうなる?

ひっくり返すと音読みと訓読みが入れ替わる二字漢語について

何日か前のエントリー で「雨風」という語を使った。「あめかぜ」という読みのつもりだったが、字面を見ると「風雨」すなわち「ふうう」と読みたくも感じた。

 

これがきっかけで思いついた。ひっくり返すと音読みと訓読みが入れ替わる二字漢語というのが、意外と多くあるのではないか?

ということで、久しぶりに言葉の収集癖を発動した。

 

「左右」〔さゆう〕⇔「右左」〔みぎひだり〕

 

「凹凸」〔おうとつ〕⇔「凸凹」〔でこぼこ〕

 

「黒白」〔こくびゃく〕⇔「白黒」〔しろくろ〕

一時期の推理小説のタイトルに「黒白」を含むものが多くなかったっけ?

Amazon で調べると

高木彬光 黒白の囮 (光文社文庫)

高木彬光 黒白の虹 (角川文庫)

夏樹静子 黒白の旅路 (講談社文庫 な 2-3)

吉村達也 完全リメイク版 黒白の十字架 (講談社文庫)

ズバリ『黒白』というタイトルの小説も、いくつかあった。どれも読んだことがない。

 

「日月」〔じつげつ/にちげつ〕⇔「月日」〔つきひ〕

これはひっくり返すと少し意味に違いが出ているかも知れない。

「じつげつ」は「太陽と月」、「にちげつ」だと「日曜日と月曜日」というニュアンスも帯びる。「月日」は主に「年月単位の時間」という意味で用いられるのではないか?

 

「君父」〔くんぷ〕⇔「父君」〔ちちぎみ〕

意味も変わる例をもう一つ。「君父」は主君と父親の意、「父君」は他人の父親を敬って呼ぶ言い方の一つ。いずれも古臭い言葉ではある。

 

「入出」〔にゅうしゅつ〕⇔「出入」〔でいり〕

「入出」だけでは、ぎこちない語感がある。「入出力」とか「入出金」とか、下に何かついて安定するような気がする。まあいいや、コレクションに加えよう。

 

「緑黄」〔りょくおう〕⇔「黄緑」〔きみどり〕

これも「緑黄」は「色」とくっつけて「緑黄色」以外に使いみちがなさそう。

三字漢語については、独立したエントリーを起こす予定。

 

「緑青」〔ろくしょう〕⇔「青緑」〔あおみどり〕

色系をもう一つ。「緑青」の方が意味が限定的だ。

 

「子孫」〔しそん〕⇔「孫子」〔まごこ〕

これは訓読みの方が「孫子の代まで祟ってやる!」以外の用法を思いつかない。

なお「孫子〔そんし〕の兵法」というのがあるが、固有名詞は今回はスルー。

 

「山野」〔さんや〕⇔「野山」〔のやま〕

だから山野〔やまの〕さんと野山さんは論じない。

 

「山海」〔さんかい〕⇔「海山」〔うみやま〕

「山野」からの連想で思いついたが、「山海」は「山海の珍味」以外の使い方は、あまりしないかも知れない。「海山」を「かいざん」と読むと、比較的平坦な海洋底からそびえる大きな孤立した高まり(コトバンク)という意味になるのだそうだ。へぇ。

「うみやま」は、一応ネット辞書にはそういう読みが載っているが、読みようがないから訓読みで読んだという気がしなくもない。

それを言い出したら「東西」〔とうざい〕、「南北」〔なんぼく〕は音読みによる読みがあるが、「西東」や「北南」はそれがないから訓読みで 「にしひがし」、「きたみなみ」と読むしかないというような組み合わせが、他にもいくつかあるような気かした。

つまり早く言えば「音読みより訓読みの方が自由度が高い」というだけなのだろうか?

 

「明夜」〔みょうや〕⇔「夜明(け)」〔よあけ〕

逆に「夜明け」というのは自然なやまとことばだと思われるが、「明夜」のほうは(一発変換してくれるしネット辞書もヒットするものの)漢字の造語力に頼った力ずくを感じなくもない。あっ、「尽力」〔じんりょく〕と「力尽」〔ちからずく〕!

 

「乗馬」〔じょうば〕⇔「馬乗(り)」〔うまのり〕

後に来る漢字が用言つか活用のある語の場合、送り仮名をしたくなったり、いっそ仮名書きしたくなったりするケースが多いように思われる。

 

「所見」〔しょけん〕⇔「見所」〔みどころ〕

これらの所見が見所です、なんちて。

 

今回はコレクションなので特にオチはありません。また思いついたら順次追加する予定です。追記しているうちにオチらしきものができたけど、さらに追記したらオチがオチでなくなる可能性があります。

サムネイルは 暴風雨のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや よりお借りしました。

f:id:watto:20190918234030p:plain

追記:

neanderthal yabuki(id:Nean)さんからブコメで先行研究のご教示をいただきましたので、リンクを貼らせていただきます。「男色」〔だんしょく〕と「色男」〔いろおとこ〕は強烈でした。あ、先行〔せんこう〕と行先〔いきさき〕というのもあるな。今、見つけた。

nean.hatenablog.com

スポンサーリンク