しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

小ネタの在庫処分

一掃というほどではないが、思いついたことを順不同で。

50の手習いで始めたギターの件

http://watto.hatenablog.com/entry/20111203/p1
3ヶ月目に入った。まず全6弦の単音を練習曲で一通り押さえてから、伴奏付きの曲に入るというカリキュラムらしい。
目下、「きらきらぼし」を、親指で解放4弦を弾くだけという伴奏付きで練習中である。
急ぐつもりはまったくないから、これでいいのだ。

結局今年は郵便局のバイトをやらなかった

サラリーマン時代に上司から、上司の上司に「仕事の報酬は仕事だ!」と教わった、という話を聞かされたことがある。仕事をやりとげた人間にだけ次の仕事が任される、という意味だそうだ。
当時は率直に言って「たまんねーな(-_-;」と思ったものだが、これはこれでやはり一面真実を突いた言葉だと思う。
これまでの経験から、「撒かぬ種は生えぬ」とか「仕事は断るとなくなる」とかは、そういった言葉が好きか嫌いかは別問題として、どうしようもなく真実なのだと思い知らされてきた。
だから、以前のエントリーで書いたように、郵便局のほうから年末年始のバイトの連絡を受け取ったとき、これはできるだけ受けておくべきだろうな、と思った。
http://watto.hatenablog.com/entry/20111029/p1
しかしスケジュールの調整が、どうしてもつかなかった。
当然ながら郵便局のほうでも郵便局に都合のよいスケジュールをまず主張するだろうし、バッティングしたほうの仕事も(プライバシー自衛のため詳細は書かないが)やはり関係各所の都合でスケジュールが設定されたものなのだ。
バイト代が惜しいわけじゃない。世の中「業務の効率化」だとか「カイゼン」だとかが進むにしたがって、ゆとりがないつか体感的にどんどん生きるのが窮屈になっているような気がする…(-_-;

フジパン秋のキャンペーン」のバッグが福袋に詰められて売られているのを見た

自分では使いもしないミッフィーのバッグをゲットするために「フジパン秋のキャンペーン」の応募券をけっこう真剣に集めたという話を、以前のエントリーに書いた。
http://watto.hatenablog.com/entry/20111202/p1
そのバッグが、福袋に詰められて売られているのを見た。なんだか知らんが半透明だったのだ。
これはいかんだろ(-_-;
デパートに勤めていた知人から、福袋というのは早い話が店ざらしになった在庫品の処分だから買っちゃいけない、という話を聞いたことがある。いあもともと福袋なぞ買ったことないからいいのだが、なんつか、客に興ざめさせるようなことはしてほしくないもんだ。私に文句を言う権利があるかどうかは知らんけどね。
みなさま良いお年をm(_ _)m