しいたげられたしいたけ

弊ブログでいう「知的」云々は「体を動かさない」程の意味で「知能の優劣」のような含意は一切ない

冬の花は総じて色彩濃厚なものが多い

気鋭のスポーツ系実力派ブロガーである ゴトー (id:hogehoge223)さんの決めゼリフを真似ると、俺は三度の飯より花が好きでな…いやメシの方が好きか、花で腹はふくれない。しかし「花」というタグを作って、季節ごとにスマホのカメラで撮った写真をアップする程度には好きである。

前回はこちら。

watto.hatenablog.com

今回は、公園の生垣のサザンカがみごとだったので撮ってしまった。

f:id:watto:20161220122451j:plain

スポンサーリンク

 

あいかわらずオートフォーカスの調子が悪くてすみません。視力が極端に悪いから、いいカメラを入手したとしても、いい写真を撮る自信は全然ないけど。

f:id:watto:20161220122554j:plain

しかし正直、サザンカという花は、あんまり好みではない。色彩が派手すぎる気がするのだ。また色彩が派手な分だけ、散り際があんまり綺麗に見えない。

サザンカに限らず樹花も草花も、人手で栽培しているものは少なからず品種改良の手が入っているはずだから、サザンカにしてみれば「勝手にそんなふうに改造しといて文句を言うとは何事」と怒られそうだが。

ともあれサザンカに限らず、冬の花は色彩が濃厚なものが多いように思う。どうしても色彩が貧弱になる季節だから、濃い色が求められるのだろうか。

ナンテンかな? 花じゃなくて木の実だけど。

f:id:watto:20161220123241j:plain

公園じゃなく、よそのお宅の庭先のものだから、公道からとはいえ勝手に撮ったのはまずかったかも知れない。

別の場所で撮ったもの。検索で調べたところ、ピラカンサというらしい。花が好きというわりには、植物の名前には詳しくないのだ。

f:id:watto:20161220125205j:plain

これはショッピングセンター店頭。値札が切れているが「ガーデンシクラメン」と書いてある。

f:id:watto:20161220124105j:plain

布施明の名曲は「真綿色したシクラメンほど…」と歌いだすが、色が濃い物が好まれるのか、どこの店頭でも濃い色のもののほうを多く見かけるような気がする。

こちらはやはり冬によく見かける花だが、「ポリアンサ」という名前は知らなかった。

f:id:watto:20161220124129j:plain

こいつは定番。12月の定番。

f:id:watto:20161220124144j:plain

ただし冬の花は濃厚な色のものばかりじゃないということで、オチのつもりで、こんな写真を貼ってしまおう。同じ日に撮ったものである。

f:id:watto:20161220121423j:plain

12年前のエントリーで「狂い咲きの桜を見た」と書いたのと同じ場所だが、狂い咲きというのはたぶん失礼な間違いで、そういう種類らしい。検索すると「フユザクラ」という種があるようだが、それかな。