しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

らも中毒余波

タバコを一箱だけ吸った。
マリファナやハシシュにも興味が湧いたのだが、あいにく日本ではまだ非合法である。そのためだけに海外遠征する余裕はない。
よく行くドラッグストアでブロンも見かけたのだが、一瓶千円以上もする。
そこで、「中学生か?」と自己突っ込みしたいところだが、タバコにした。
元々タバコは嫌いではない。ただ内臓が弱く、常用するとそのうち必ず下痢をする。下痢っ腹を抱えて禁断症状と闘うのは、正直言ってこりごりである。
だからタバコをやめた。決していわゆる嫌煙主義者ではない。だから他人の喫煙には寛容なつもりである。
一箱ぐらいなら禁断症状が現れることはあるまい。
火をつけるものに案外と不自由した。行きつけの喫茶店のレジにマッチが置いてあったので、解決した。
4日ほどかけて、一箱を消費した。
けっこううまい。四肢の血管が収縮するのがわかる。
私なりの追悼のつもりである。