しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

所用で津市に行ったらちょうど架け替えられた江戸橋の供用開始日だった

日記です。所用で津市の三重大学に行く機会があった。最寄駅は近鉄の江戸橋駅である。三重大に行くには、駅名の由来となった江戸橋を通る必要がある。

驚くべきことに、たまたま供用開始当日だったようだ! 

思わず手持ちのスマホで写真を撮ってしまった。これは橋の東詰(国道23号線側)から撮ったもの。この時刻、車道はまだ開通していない。

f:id:watto:20190530125816j:plain

 

歩道は少し前から通れるようになっていたようだが。

f:id:watto:20190530125742j:plain

 

「えどばし2019」と刻された欄干の碑石。

f:id:watto:20190530125730j:plain

 

遠回りをして、23号線にかかっている橋の南詰あたりから、全景を撮ってしまった。

f:id:watto:20190530130137j:plain

川の名前は志登茂川というらしい。そゆえば交通量の多い23号線のほうの橋の名前は、何というのだろう? 実物を通ったとき橋名表示を探したが、見つけられなかった。あとでマップを見たけど、やはりわからなかった。

 

西詰(江戸橋駅側)。

f:id:watto:20190530130213j:plain 

 

西側の橋のたもとに「江戸橋常夜燈」という大きな石灯篭があった。

f:id:watto:20190530130330j:plain

 

説明書きを接写。

f:id:watto:20190530130354j:plain

弊ブログ勝手に恒例文字起こし。改行位置、変更しています。ルビ省略しています。

津市指定史跡
  江戸橋常夜燈 1基

 江戸橋西詰めは伊勢街道(参宮街道)と伊勢別街道の分岐点にあたり、古くから交通の要衝であった。江戸時代には伊勢神宮への参詣が盛んで特にほぼ60年周期で爆発的に流行することがあったおかげ参りの時には、津の街道筋も参詣客であふれた。
 この常夜燈は、伊勢参宮名所図絵の中では、江戸橋西詰めの追分のところに大きく描かれている。安永6年(1777)の銘があり、春日型の形式をしており総高5.4m、最下段の幅2.8mで基段最上段正面に、伊勢信仰の象徴である太一を示す○印が刻まれている。太一は本来中国では北極星の宇宙神のことで、それがいつの頃からか中国の天体思想と伊勢信仰が習合されて、伊勢神宮の天照大神を示す印となったと思われる。
 このような伊勢神宮への献燈は県内各地に見られるが、これらは参宮道者の安全、また神宮への感謝や町内の安泰を祈るものであった。
 この常夜燈は刻銘から嶋田氏という一人の寄進によるもので、沓脱半兵衛という石工によって造られた、津市内に現存する最古のものである。

 

近鉄江戸橋駅。帰途である。

f:id:watto:20190530130841j:plain

 

テツ!

f:id:watto:20190530131125j:plain

 

   *      *      *

 

あとでGoogleストリートビューを確認した。東詰のほうは2013年4月の写真が出てきた。これが架け替え前の江戸橋なのか!?

f:id:watto:20190531102733j:plain

https://goo.gl/maps/neCs1tfZRStZ1yiS7

1枚目や2枚目と同じ角度に相当するものだろう。新しい橋に比べて、かなり狭かったようだ。特に車が行き違いをするときに、歩道に人がいたら危ない。

 

ところがストビュ上で方向転換すると、西詰の架け替え工事中の写真に変わるのだ!

2017年3月撮影。こんなこともまた珍しいのではなかろうか?

f:id:watto:20190531102737j:plain

https://goo.gl/maps/CdiZmzooaj7Ku8t1A

スポンサーリンク