しいたげられたしいたけ

空気を読まない 他人に空気を読むことを求めない

お百度参り拡散編(一社め82回)神社周辺をうろうろ

ありふれた近所の神社へ、勝手にやっているお百度参りのシリーズです。

初めの方に「週末を使って」と書いたけど、今回もウィークデー。月曜日と金曜日の仕事後というパターンが定着しそうです。

今回はチャリティーイベント「未来へつなげ!! きーちゃん応援ライヴ!!」を、初回が始まる直前になってしまいましたが、それでもぜひ一度は紹介しておきたかったという次第です。

Facebook アカウントをお持ちの方は、こちらから詳細が参照できます。

https://www.facebook.com/events/2296305747083186/

f:id:watto:20190802212701j:plain

 

今日は 前回前々回 より1時間以上早くスタートできた。ただし日が高い分、熱中症が心配だ。

水筒代わりの古いペットボトル(500ml) に、別のペットボトル(2L) で冷やしていたウーロン茶を詰めて、ウエストポーチに入れて持って行くことにした。

f:id:watto:20190802161700j:plain

f:id:watto:20190802162254j:plain

 

今回は門標を写してみよう。「神明社」とだけ刻してあった。

f:id:watto:20190802163530j:plain

 

おなじみとなった本社拝殿。

f:id:watto:20190802163636j:plain

 

やはりおなじみ、摂社末社の稲葉神社。

f:id:watto:20190802163937j:plain

 

本社拝殿を背に、鳥居を撮ってみた。幟を立てる支柱が高い!

f:id:watto:20190802164042j:plain

 

上の写真の左手、境内の東側にも鳥居がある。

f:id:watto:20190802164103j:plain

 

上の写真の右側、2枚上の写真の左手の茂みの中あたりに、庚申塚があった。

f:id:watto:20190802164154j:plain

 

庚申塚って何だったっけ? アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の初期のシリーズや、NHK人形劇『八犬伝』で見たことがあるぞ。年寄りなんで話が古くてすみません。

あとでぐぐってみた。ウィキペには「庚申塔」として項目が作ってあった。関東には多いが、西日本には比較的少ないのか。

ja.wikipedia.org

 

境内のまわりをぐるりと歩いてみた。

夕焼けなどの写真をよく撮る境内西側の道。

f:id:watto:20190802164434j:plain

 

少し北の方角に歩いてみた。

f:id:watto:20190802164512j:plain

 

北西隅に出ていた看板。

f:id:watto:20190802164625j:plain


上の写真に写っている道は、境内の北側に面している。そこを少し歩いて、境内東側に面した小径に入ったところ。

f:id:watto:20190802164735j:plain

 

ほんのちょっと歩くと、鳥居が見える。6枚上に示した写真の鳥居だ。

f:id:watto:20190802164824j:plain

 

小学生の集団登校の集合場所になっているらしい。

f:id:watto:20190802164903j:plain


鳥居をくぐったところにあった改築記念碑。「昭和四十六年十一月」と刻んであった。

f:id:watto:20190802164923j:plain

f:id:watto:20190802164916j:plain

 

熱中症にならぬよう、休み休みのお参りである。ウエストポーチに入れていたペットボトルがシェイクして、黒ビールみたいになっていた。むろんアルコールは含まれていない。

f:id:watto:20190802165335j:plain

 

邪魔にならないところに停めたつもりの、エンジンと車輪のついたキカイ。たまには撮ってみよう。持ち主と同じでジジイだが、健気によく走ってくれている。

f:id:watto:20190802172134j:plain

このシートの上で、ときどき休んだ。

まだ日差しは高かったとはいえ、わりと風があり、それが涼しかった。おかげでだいぶ助かった。

猛暑の盛りには風があっても「これをジブリと言うのか?」と思いたくなるような熱風ということがままあるが、暑さの盛りの中でも次の季節の準備はすでに始まっているということだろうか?

もちろん油断はしちゃいけない。

 

百度石代わりに使っている標識の向こうには、可憐な公園がある。

f:id:watto:20190802170222j:plain

 

そこにも、ちょっと立ち入ってみよう。

f:id:watto:20190802165803j:plain

f:id:watto:20190802165831j:plain

 

満開を迎えている季節の花サルスベリ。

f:id:watto:20190802165904j:plain

f:id:watto:20190802165923j:plain

 

地べたに自生していた野花に、チョウがとまっていた。

f:id:watto:20190802221445j:plain

f:id:watto:20190802221500j:plain

 

これはヒョウモンチョウの一種だなと、なぜかわかった。これもあとでぐぐったら、ツマグロヒョウモンのようだ。

ja.wikipedia.org

 

なんでそういうことがわかるのかと自分で不思議に思ったが、おそらく小学生の頃に熱心に見た昆虫図鑑の記憶が残っていたのだろう。

しかし一方で、チョウがとまっている野花の名前はわからない。

現在の知恵として、トリミングして画像検索をかけると Google さんが教えてくれることを知っているので、やってみた。

f:id:watto:20190802221939j:plain

 

「バーベナ」というらしい。Google 画像検索マジ有能!

ja.wikipedia.org

 

とかなんとかやっていると、さすがに日が陰ってきた。今回は18回参拝して、合計82回とした。

f:id:watto:20190802181534j:plain

 

帰途、コンビニに寄って…

f:id:watto:20190802182206j:plain

 

アイスクリームを買って帰った。大好きなエッセルスーパーカップである。

熱中症なんかに負けるもんか~っ!

f:id:watto:20190802183354j:plain

スポンサーリンク