しいたげられたしいたけ

道を間違えているのが明白なのに、「きっと他の道はもっと間違っている」と進み続けたら、どうなる?

9月29日(日)「きーちゃん有難うチャリティーイベント」@大宮"B+"弊ブログでも拡散そして市内の神社へ代参

今週末と直前になってしまいましたが、9月29日(日)にさいたま市大宮区のライブハウス "B+" で行われる「きーちゃん有難うチャリティーイベント」の告知を、微力ながら弊ブログでも拡散したいと考えます。

https://www.facebook.com/groups/469400067155712/permalink/501446543951064/ より

「きーちゃん有難うチャリティーライブ」
日程:2019年9月29日(日)
会場:「Live&music/Bar&Dining B+」
住所:さいたま市大宮区桜木町4-38
金子ビル2F
TEL:048-871-5050
Open:18:00/start:18:30
Ticket:¥500+御心(オーダー別)

出演者様
・あらい舞 様
・さかまつ 様:Gt,Vo 松っちゃん
Gt.Vo 坂上広行さん
・How motchi :Bass:かねごんさん。
Gt:いくらさん。
Dr:嶋さん
Piano:植木師匠
Vo:もちこ。 

f:id:watto:20190924212059j:plain

f:id:watto:20190924212056j:plain

f:id:watto:20190924212052j:plain

f:id:watto:20190924212049j:plain

 

拡散という行為は、拡散した者も元発信者と同等以上の責任を負います。

責任の第一歩は説明義務です。

以前から弊ブログをお読みいただいている方はご存知のことと思いますが、新しく読者になっていただいた方もいらっしゃいますので、手短かですが改めて説明します。

 

はてなブロガー id:hitomihoshimi さんのご家族が、難病に侵されました。

治療には高額の医療費が必要になったのですが、複雑な事情があって高額療養費制度の適用が受けられないことが判明しました(私は制度のバクだと考えています)。

そこで、「きーちゃん応援会」という支援団体が結成され、さまざまな募金活動が行われました。その一つとしてチャリティーライブイベントが何度か企画されました。

 

その後、極めて残念なお知らせを受け取りました。まことに痛惜の極みで、深くお悼み申し上げます。

 

未実施となったチャリティーライブイベントに関して、「きーちゃん有難うチャリティーイベント」と名を変え、このたびの実施の運びとなったという次第です。

 

もし間違ったことを言っていたら、ご指摘ください。

これだけの説明ではわからないという方がいらっしゃいましたら、何らかの方法でご質問ください。

 

きーちゃん さんのために行動してくれた若い仲間たちには、私からもお礼を言いたく、また応援したく思いました。

だけど大宮は遠いです。

「代参は誰がやってもいい」ということで、ありふれた近所の神社へかけていたお百度参りの代参が、二社め30回で中断していました。

いっぺんに残りの70回をというわけにはいきませんが、若い人たちへの感謝と今後の活躍を祈って、そして きーちゃん さんを決して忘れないことを誓って、10回ほどお参りをかけてきたのでスマホ写真を貼ります。

「十度参り」なんて聞いたことがないけど、気は心というやつで。

 

これまで日中は暑かったので夕刻からお参りを始めていたが、かなり涼しくなったので日が高い間にお参りを済ませた。

宮の杜背後のビル群は、藤田医科大学である。

f:id:watto:20190924154201j:plain

 

参拝先は間米八幡社というところ。うちの市内のありふれた神社の一つである。

f:id:watto:20190924152929j:plain

 

本社拝殿。

f:id:watto:20190924153851j:plain

 

本社拝殿左手奥の摂社末社。六柱ある。

f:id:watto:20190924153815j:plain

 

さきの Facebook のページと、hitomihoshimi さんのブログの最新記事をスマホのブラウザに表示させて胸ポケットに入れ、お参りをした。

www.hitomihoshimi.com

 

拝殿に背を向けて、参道を撮ったところ。

f:id:watto:20190924153917j:plain

 

鳥居の向かって右側の足元に、参道竣工の碑があるのに気がついた。これまで30回お参りしている間は気づかなかった。お百度をかけると、一見狭そうな神社の境内の中でもいろんな気づきがあることは、これまでもときどき経験したことである。 

f:id:watto:20190924154018j:plain

f:id:watto:20190924154008j:plain

スポンサーリンク